眉下切開の施術に痛みはあるのか?

六本木境クリニック監修 まぶたのたるみ専門メディア » まぶたのたるみ美容施術一覧 » 眉下切開 » 眉下切開の施術に痛みはあるのか?

たるみ治療ドクター
六本木境クリニック

境隆博

境先生がお答えします!

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

美容外科「六本木境クリニック」院長。たるみ治療に真摯に取り組み、カウンセリングからアフターケアまで一貫して担当。また、美容医療業界の技術発展を目指し、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動中です。
【資格・所属学会】
日本形成外科学会専門医/日本アンチエイジング外科学会評議員/美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員
【クリニックお問い合わせ電話番号】
03‐6441‐0691

眉下切開はとても魅力的な施術ではありますが、メスを使った外科手術の一種である以上、患者にとっては施術中や施術後の痛みが心配になります。 麻酔を使った施術なので、基本的に著しい痛みを感じることはありませんが、麻酔注射の時や術後などには、多少の痛みを伴うこともあります。ここでは、眉下切開の痛み、および痛みが生じたときの対処法について詳しくご紹介しています。

眉下切開とは

眉下切開とは、眉毛のラインに沿ってメスを入れ、余分な皮膚や脂肪を除去してから縫合する施術を言います。

大なり小なり、誰でも加齢によって上まぶたが徐々にたるんでくるものですが、症状が著しくなると年齢以上に老けた印象になりかねません。眉下切開を受けることで、上まぶたのたるみが解消して目元がすっきりとするため、顔全体の若返り効果が期待できます。

また眉下切開で上まぶたを引き上げることで、たるみの中に埋没していた二重まぶたが復活することもあるなど、美容上の思わぬ副産物が手に入ることもあります。

眉下切開の施術の流れ

まずはカウンセリング・診察で、上まぶたの状態やたるみの原因などを医師が十分に診察し、眉下切開が適応かどうかを判断します。適応と判断された場合には、理想通りの仕上がりになるよう切除する幅などを検討しながら、丁寧にデザインしていきます。

デザインが忠実に再現されるよう、施術前に皮膚の切開するラインにマーキング。注射で麻酔を行い、ラインに沿って余分な皮膚を丁寧に切除します。切除後、まぶたのたるみを引き上げるようにして慎重に縫合し、施術が終了します。施術から約1週間後に抜糸を行い、眉下切開の全行程が終わります。

眉下切開に痛みはある?

眉下切開の施術中や施術後の痛みについて解説します。麻酔を行うので、基本的には痛みを心配する必要はありませんが、まったく痛みを経験しないわけではありません。個人差はありますが、術後に麻酔が切れていくとともに、一定の痛みは経験することでしょう。

麻酔注射時

施術を行う直前の麻酔注射。人によっては、もっとも緊張する瞬間かもしれません。

眉下切開の麻酔注射は、眉下のラインに沿って数回に分けて行われます。この段階で麻酔は効いていないので、注射針を刺すたびにチクチクとした痛みを感じることでしょう。特殊な部位への注射なだけに恐怖心が湧くかもしれませんが、基本的に普通の注射と同じなので、我慢できないような痛みを感じることはありません。

なお、ここで一つ朗報を挙げておけば、眉下切開で最も痛い瞬間は、この麻酔注射になります。これ以上の痛みを感じることはほとんどないので、以後、痛みに関しては安心して良いかもしれません。

施術中

麻酔が十分に効いていることを確認した後で、メスやハサミによる皮膚の切開が行われます。眉下付近で何かをやっていることは分かるのですが、麻酔で感覚が全くなくなっているため、痛みを感じることはありません。もちろん、縫合中も麻酔が効いているので痛みは感じません。

施術中は痛みとの戦いではなく、緊張や恐怖心との戦いとなるでしょう。

施術後

施術を終えてから麻酔が徐々に抜けてくるとともに、少しずつ痛みを感じてくるようになります。切り傷を負った時のようなズキンズキンとした痛み、と言えば近いかもしれません。

ただし、この痛みも我慢できないほどではありません。「歯科治療の後の痛みよりは軽い」と表現した患者もいますが、歯科治療を受けたことがある方であれば、さほど強くないことがイメージできるでしょう。施術への緊張も抜けているので、気持ちも軽くなっているのではないでしょうか。

施術翌日以降

施術翌日以降は、施術の影響で眉下あたりに重たい感じを自覚することはありますが、手で押さえたりこすったりしない限り、痛みを感じることはほとんどないでしょう。施術から3日ほどで、眉下の重たい感じもほぼなくなります。

また、施術から約1週間後には抜糸となりますが、抜糸の際にも痛みを感じることもありません。

眉下切開で生じる痛みへの対応

いかに眉下切開の痛みが小さいとは言え、全く痛みを感じないわけではないことも事実です。以下では、施術の各段階における痛みへの対処法について解説します。

麻酔注射時の痛みの対処

チクチクとした麻酔注射の痛みも避けたいという方は、全身麻酔を選択することが可能です。注射の痛みを感じないことはもちろんですが、施術中は半分眠ったような状態になるため、施術への緊張や恐怖心もほとんど感じません。中には、麻酔注射をした記憶も施術を受けた記憶も残っていない方がいるほどです。

ただし全身麻酔を受けるためには、別途でオプション料金がかかります。また施術前には食事制限が必要となるため、施術の当日に急に全身麻酔を使って欲しいと依頼しても、クリニックでは対応できません。全身麻酔を検討する方は、カウンセリングや診察の段階で、その旨を伝えるようにしましょう。

施術中の痛みの対処

十分に麻酔が効いてからの施術となるため、施術中に痛みを感じることはありません。ただし、緊張や恐怖心といった精神的な苦痛を感じる人は多いことでしょう。

クリニックによっては、看護師が手を握り続けてくれたり体に触れ続けてくれたりなど、少しでも患者の緊張を和らげる工夫をしているところもあるようです。施術中に患者が好きな音楽をかけてもらうなど、少しでもリラックスして施術を受けられるよう相談してみると良いでしょう。

施術後の痛みの対処

施術を受けた当日に痛みが出た場合には、ガーゼなどで包んだ保冷剤を利用し患部を冷やすようにしましょう。また、患部が心臓より上に来る姿勢を保つことで痛みが軽減するため、就寝時はやや高めの枕を使用することもおすすめです。

それらの対策でも痛みを我慢できない場合には、クリニックから処方された鎮痛剤を飲みましょう。痛みが強くなり過ぎないうちに、早めに飲むことが大切です。

施術翌日以降の痛みの対処

施術当日に痛みを感じても、その翌日には痛みがほとんど残っていないことが一般的です。そのため、もし施術の翌日にもひどい痛みが残っていた場合には、患部に何らかの異常が生じている可能性があります。

すぐに施術を受けたクリニックに連絡し、なるべく早く施術したドクターの診察を受けるようにしましょう。

まとめ

眉下切開の全工程の中で、最も痛みを感じる瞬間が麻酔注射です。これを理解しておくだけでも、施術に望む気持ちが多少は軽くなるかもしれません。

もちろん、施術後に麻酔が抜けていくと痛みを感じることになりますが、麻酔注射ほどの痛みではないことを理解しておけば、さほど恐れずに施術後を迎えることができるでしょう。

痛みについては大きな心配をする必要はありませんが、本当に心配すべきは施術の質です。眉下切開は多くの美容クリニックで行われていますが、仕上がりの質はドクターの技術力によって大きく異なることがあるのでご注意ください。

眉下切開は、高い技術力が要求される施術です。本気で施術を検討している方は、実績豊富で信頼できるドクターに相談するようにしましょう。

お問い合わせはこちらから
※ご予約やご予約についてのお問い合わせは「お電話」にて承っております。
再診、手術のご予約、その他お問い合わせ

03‐6441‐0691

カウンセリング予約専用ダイヤル

080-7734-3655

※パニック障害など精神疾患や膠原病・腎不全など重度内科疾患の手術はお断りすることがあります。

月・火・木・金 11:00~18:30
土・日・祝祭日 10:00~17:30
水曜日は休診日となります。