眉下切開の失敗例と失敗を避ける方法

※本サイトで提供しているすべての情報は、六本木境クリニック・境 隆博院長の見解によるものです。

まぶたのお悩み解体新書 » 美容外科でできるまぶたのたるみ治療 » 眉下切開 » 眉下切開の失敗例と失敗を避ける方法

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

美容外科「六本木境クリニック」院長。たるみ治療の専門家として、カウンセリングからアフターケアまで一貫して担当。また、美容医療業界の技術発展を目指し、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動中です。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員/美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員

あってはならないことですが、現実として眉下切開の失敗例を聞くことがあります。以下では、眉下切開でありうる失敗例、および眉下切開で失敗しないための方法をまとめています。

眉下切開の失敗例

決して多いわけではありませんが、眉下切開には失敗例があることも理解しておきましょう。具体的な失敗例を5つご紹介します。

失敗例1 傷あとが目立ってしまった

よく聞かれる眉下切開の失敗例は、術後の傷跡が目立ってしまった、というもの。傷跡が目立ってしまう主な原因には、以下の2つがあります。

1.眉毛で隠れない位置で縫合された

美容外科医としては論外な失敗であり、かつ同様の失敗例は極めて少ないのですが、眉毛で隠れない位置で縫合すると、当然ながら傷跡が目立ってしまいます。アートメイクで隠すこともできないでしょう。

2.縫合した近くの眉毛が抜けてしまった

眉毛で隠れる位置で縫合したものの、切開・縫合のやり方が未熟であったために毛根が死んでしまい、術後、縫合した近くの眉毛が生えて来なくなることがあります。結果として、残った眉毛と傷口との間に距離が生まれ、傷口が目立ってしまうことがあります。

失敗例2 十分にたるみが改善できなかった

まぶたのたるみを解消するための眉下切開であるにも関わらず、術後、患者さんがイメージしていたほどは、たるみの解消効果を得られなかったという例です。

眉下切開は、眉毛の下の皮膚を切除する手術。切除できる量には限界があり、その微調整は非常に難しいと考えてください。特に、たるみの程度が著しい高齢者の方が眉下切開を受けても、十分な効果を得られないことがあります。

失敗例3 カウンセリングが不十分でイメージと違う仕上がりになった

眉下切開は美容整形の一種です。美容整形とは、他の診療科とは異なり、特定の傷病の原因を解消させることが目的ではありません。患者さんと医師とが十分に目標を共有し、その目標に向けた成果を目指すのが美容整形の目的です。

だからこそ、美容整形の大前提となるのは、患者さんと医師との十分なイメージ共有。透視能力や神通力を持つ医師でもない限り、十分なカウンセリングなくして、患者さんが求める理想像をイメージすることはできません。

失敗例4 ドライアイになってしまった

眉下切開の手術を受けた後、ドライアイになってしまうケースがあります。あるいは、もともとドライアイだった人が、眉下切開の後、ドライアイの症状が悪化してしまうケースもあります。

その原因は、眉下切開によって以前よりも目が開いているから。もともとドライアイと診断されている方は、カウンセリングの際に医師に相談してみるようにしましょう。もとより、ドライアイであるかどうかは、事前に医師が確認すべき事項。基本的なことを確認できる医師に執刀してもらいたいものです。

失敗例5 まぶたが変形してしまった

自然に美しくまぶたを引き上げるのが眉下切開。ところが中には、自然どころか、逆に違和感のある感じにまぶたが変形してしまう失敗例が見られます。

眉下切開は、わずか数ミリ幅で微調整をしながら行う手術。仕上がりのイメージから逆算し、どこを、どの程度、どんな形に切開するかを理解していない医師は、まぶた変形の失敗をもたらすリスクがあります。

眉下切開で失敗しないために

眉下切開で失敗しないためには、以下の2点に注意しましょう。

技術力のある医師に施術をしてもらう

技術力のある医師に施術をしてもらってください。取り返しのつかない失敗を避けるためには、治療費の高低は後回しにします。医師の技術力を最優先に考えましょう。そうとは言え、技術力の高さを素人が判断することは非常に難しいこと。最低限次のことをチェックして、医師の技量を図りましょう。

たるみ治療を専門的に行っている

美容整形の世界ではたるみ解消のニーズが非常に多いため、中には、たるみ治療を専門的に行っているクリニックもあります。なんでも屋さんのようなクリニックよりも、たるみに特化した治療を行っているクリニックのほうが、技術力が高いことは言うまでもありません。

公式HPにおける説明が他のクリニックよりも具体的

技術力に自信のあるクリニックの場合、公式HPの治療の説明文において、素人が読んでも分からないような奥の深い内容を展開していることがあります。たとえ読んで意味不明であったとしても、一般的な説明に終始するクリニックに比べれば、そのようなクリニックのほうが技術力は高い傾向があります。

カウンセリングに注力しているクリニックで施術を受ける

患者さんが考えている理想の仕上がりは、患者さんとよく話をしてみなければ分かりません。だからこそ「絶対に失敗しない」という強い思いを持つ医師は、カウンセリングに対して異常なまでのこだわりを持ちます。

加えて、技術力に自信のある医師は「カウンセリングと同日の施術」を行いません。患者さんに考える時間を十分に与えても、たくさんのクリニックと比較してもらっても、最終的には自分の執刀を求めて再来院するという自信があるからです。

「今日たまたま空いていますが、手術しますか?」「今月、ちょうどキャンペーンやっていますよ」などの勧誘にはすぐに乗らず、しっかりと考える時間を設けた上で、手術を受けるかどうか決めることをお勧めします。

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

     

数ある美容外科施術の中でも、たるみの治療を専門的に行う六本木境クリニック。たるみ治療の専門家として、カウンセリングや手術を担当するのが、院長である境隆博です。多くの経験からなる知識を美容医療業界の技術発展に貢献させるべく、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動しています。
患者さんの意思や利益を尊重し、美容施術を積極的には推奨しない姿勢を基本としています。お悩み相談はメールフォームにて直接受け付けていますので、ぜひご相談ください。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員
美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員
【学会・講演での発表】
『眉毛下皮膚切除630例の経験』第61回 日本形成外科学会総会・学術集会
『眉毛下皮膚切除675例の経験から 上眼瞼形成術との違い』第132回 日本美容外科学会学術集会
『眉毛下皮膚切除657例の経験』第106回 日本美容外科学会JSAS
『きれいな傷跡 傷跡を目立たせない眉毛下皮膚切除術』第8回 JAAS東京ライブフォーラム講演

境先生が推奨する
まぶたのたるみ治療とは

   

メールフォームから直接相談する
※別ページが開きます