※本サイトで提供しているすべての情報は、六本木境クリニック・境 隆博院長の見解によるものです。

まぶたのお悩み解体新書 » まぶたのたるみのお悩みをドクター境が解決します » 二重がせまくなっていく原因

昔はパッチリしていた
二重がどんどん狭く…

二重が狭くなる原因は眼瞼下垂ではありません

二重が狭くなる原因

加齢とともに多くの女性が悩む、まぶたのたるみ。その中でも特に多いのが、若いころと比較して二重の幅が狭くなった、だんだんと奥二重や一重になってしまったというものです。勘違いしないでいただきたいこととしては、この二重が狭くなるという症状は、最近よく耳にする眼瞼下垂とは別物です。眼瞼下垂の場合、むしろ二重の幅は広くなります。では、この二重が狭くなるという症状は、どのようなことが原因なのでしょうか。

ドクター境が答える! 二重が狭くなっていくタイプの
まぶたたるみってどんなもの?

まぶたの前側の皮膚が二重の上に乗っている状態

  • 皮膚が二重の上に乗っている

    まぶたのたるみ専門医

    六本木境クリニック

    先生

  • そもそも二重の状態とは、まぶたの薄い皮膚と挙筋腱膜が癒着している状態のことをいいます。そして、まぶたの皮膚のたるみ(上眼瞼皮膚弛緩)と、まぶたの眼瞼挙筋腱膜のたるみ(眼瞼下垂)、ひたいの前頭筋などまぶたの外側の筋肉の影響などが複雑にからみあって二重の形は決まります。
    基本的に、まぶたの皮膚のたるみが発生すると、まぶたの前側の皮膚が二重の上に乗っかってきます。これが二重の幅が狭くなっていく原因となるのです。皮膚のたるみの関係で、特にまぶたの外側の皮膚が垂れ下がり、三角目のようになる方が多いです。
    眼瞼下垂の場合にはまぶたそのものが下がり、二重ラインが広く見えます。また、ひたいの前頭筋の力が入ると外側が上がって吊り目気味になり、まぶたがくぼむことが多いです。

二重が狭くなるようにまぶた
がたるむ原因とは?

加齢やダメージの蓄積など複合的な原因

  • 原因その1

    コラーゲンなどの減少?

    お肌が歳をとると、自らが生成してきたコラーゲンやエラスチンなどの、ハリや弾力を保つために欠かせない成分が減少します。そうなれば、皮膚の組織を支えられなくなるとも言われています。特に上まぶたの皮膚は薄いので、その進行が目に見えやすいそうです。ただコラーゲンはミクロなもののため、あくまで要素の1つであると考えたほうが無難です。

  • 原因その2

    眼輪筋などが弱る?

    眼輪筋(がんりんきん)や眼瞼挙筋(がんけんきょきん)は、まぶたの皮膚のすぐ下にある筋肉で、こちらが弱ることで支える力も弱まると言われています。やはり目のまわりは他の筋肉と比べて、衰えが表面に現れやすいそうです。筋力の弱る原因としては、瞬きの回数が減ることにより、まぶたを動かす機会が減ることが言われています。

  • 原因その3

    靭帯や挙筋腱膜のゆるみ

    眼瞼下垂ではなくて純粋なまぶたのたるみは、まぶたの皮膚のたるみと言う意味である上眼瞼皮膚弛緩と呼ばれています。しかし、皮膚そのものがたるむことが原因ではなくて、靭帯などの支持組織がゆるむことがまぶたのたるみの原因だと思われます。組織が緩んだ結果まぶたの皮膚が下がります。まぶたのたるみの根本的な原因がここにあるといえます。

  • まぶたのマッサージが危険な理由

    学会などでも花粉症・アトピーなどで目をこする人ほど、まぶたがたるみやすいと言われています。
    まぶたは強くさわれば触るほど皮膚もたるむし眼瞼下垂にもなりやすいと言えると思います。上まぶたのほうが皮膚は薄く、症状が出やすいので注目されがちですが、上まぶただけでなく、下まぶたもたるみます。
    まぶたをこすったりさわったりすればするほど、下まぶたもたるむと言えます。靭帯などの支持組織がたるんで、クマがひどくなると思います。マッサージは百害あって一利なしだと思ってください。

  • 上まぶたのたるみを放置しておくと

    視野を確保するためにひたいの前頭筋に力が入った状態が継続することになりますので、ひたいのしわがクッキリと目立つようになるでしょうし、視野を確保するために顎が上がって姿勢が悪くなり老人のような立ち姿になります。その上、背骨や脊柱起立筋群に負担がかかりますので、首や腰が痛くなったりします。最近は学会でもまぶたのミュラー筋と言う筋肉が筋紡錘と言う筋緊張や自律神経のスイッチのような役割を果たしており、肩こりや頭痛の原因になることがあると言われています。
    また、上まぶたは下まぶた以上に他人からの印象を左右する部分です。

  • 目頭切開で二重は取り戻せません

    目頭の蒙古ひだを切り、平行な二重をつくる目頭切開ですが、実は適応がせまい手術です。目が離れていて蒙古ひだが大きい人が適応です。
    目が離れていない人が受けてしまうと、お顔の中心部に目がよったように見えます。蒙古ひだが少なくて涙丘と言う赤い丸いものがハッキリ見えている人が受けてしまうと目がひどく赤く見えて高確率で戻したくなります。戻すと傷あとだけが残り、何のために手術したのか分からなくなります。
    また、西洋人にあこがれて無理やり西洋人っぽい目を作ってしまうとひどく不自然になるケースも多々あると思います。自分の顔だちや骨格に逆らう手術は、あまりおすすめできません。

  • 目尻が垂れ下がることによる影響

    まぶたの構造上、とくにたるみやすいのが目尻側のまぶたです。目尻がたれることで、無意識に視野を確保しようとして、ひたいの前頭筋に常に力が入ります。その結果として、ひたいのしわが深くなるのです。
    また、上下のまぶたはまるでミラーイメージのように上下がひっくり返ったそっくりな構造をしています。でも、下まぶたは目玉の重みに耐えるために上まぶたよりは皮膚が分厚く靭帯などの支持組織も丈夫にできていますが、下まぶたも老化やこすったり、マッサージしたりと言った物理的な刺激によってたるみますので、目の下までたるみ、クマがひどくなる可能性もあるのです。

  • まぶたのたるみ専門医

    六本木境クリニック

    先生

  • 患者さんのお悩み集

    「昔はパッチリしていた二重がどんどん狭く…」
    な患者さん、どんなお悩みを抱えている?

    六本木境クリニックに来院された患者さんたちのお悩み

  • 「ぱっちり二重が自慢だったのに、最近では奥二重になってしまって…」

    いじればいじるほど悪循環に陥っているケース

    「若いころは、幅広のぱっちり二重が自慢でした。ですが30半ばを過ぎたあたりからだんだんと奥二重気味になっていき、今ではまっすぐ向いたら二重がすべて隠れてしまうほどに。使ったことのなかったアイテープを駆使するも、なかなかうまく二重にならず、むしろ悪化をしていくようでした。マッサージやまぶた美容液を試してみても全然ダメ。最後の手段として美容外科に来ました。」

    境先生の見解
    ずっと美に対して自信やこだわりを持ってきた患者さんは、毎日のメイクとクレンジングをしっかり行う、アイクリームでマッサージをするなど、まぶたを酷使していた方が多くいらっしゃいます。アイテープなども、無理矢理に目元を抑えるため、使い続ければ大きなダメージにつながるのです。結果としてどんどん二重の幅がせまくなっていくというケースです。絶対にマッサージはしない、アイテープも極力控えるべきだとアドバイスしています。

  • 「まぶたの目尻側がどんどん垂れ下がっていく…」

    眼球にまぶたが掛かるほどのたるみ=眼瞼下垂ではありません

    「1日中パソコンを使う仕事をしているせいか、目を酷使している自覚はありました。目の周りのマッサージなども行ってきましたが、だんだんと目尻側のまぶたがたるんでいることに気づきました。40歳を過ぎたばかりだというのに、目元だけ見ればもっと歳のいったおばあさんみたい。目尻側だけが垂れ下がっていくので、目の形も三角形のようになってきてキツい印象を持たれているような。ついには目の上にもまぶたが覆いかぶさるようになってきて、これがよくきく眼瞼下垂というものなのでしょうか。」

    境先生の見解
    まぶたの中でも特に目じり側は、洗顔などでも常に強くこすれてしまう部位で、靭帯などの支持組織のゆるみによるたるみが発生しやすい箇所です。視界が狭まりますし、たるみを減らそうとするためまぶたや額の筋肉が絶えず緊張してしまい、肩こり、頭痛の原因にもなります。こうなると多くの方が心配されるのが「眼瞼下垂」。実際に「私は眼瞼下垂なのでしょうか」とおっしゃる患者さんは少なくありません。ですが繰り返しになりますが、眼瞼下垂の場合、二重は広くなるものです。この症状ならば眉下切開などの施術で十分に治療が可能となります。

ドクター境の結論! あなたにして欲しいのは
まぶたへのダメージを避けること

二重の幅が気になるからと言って、触ってはいけません

二重幅が狭くなってくる原因は様々な要素の複合ではありますが、最も気を付けるべきなのはこれ以上まぶたに直接的なダメージを与えないことです。まぶたを支える組織がたるんでしまっているのは、日頃のメイクやスキンケア、マッサージ、アイテープなどの刺激が積み重なった結果。コラーゲンの低下などは副次的な原因でしかないため、保湿に力を入れても改善には限界があります。
また、二重幅が狭くなったからといって、安易に埋没法や目頭切開などの手術を受けるのもNGです。これらも結果として、まぶたのたるみを無理やり二重の下に押し込めたり、二重のラインを無理やり替えたりしますので、自然な結果になることはめったにありません。それだけでなく、埋没の糸も簡単には取ることができないので、将来的に他のたるみ治療を受ける場合にやりにくくなり、最終的に不自然な結果となることが多いと言えます。また、二重ラインで皮膚を切除するような施術ではまぶたのうすくてしなやかな皮膚がなくなってしまい、固くて分厚い独特で整形チックな二重になることが多いようです。 もしも治療を行うのならば、まぶたの垂れ下がった部分を直接施術するのではなく、眉下切開と言う上から引き上げる施術をおすすめします。

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

     

数ある美容外科施術の中でも、たるみの治療を専門的に行う六本木境クリニック。たるみ治療の専門家として、カウンセリングや手術を担当するのが、院長である境隆博です。多くの経験からなる知識を美容医療業界の技術発展に貢献させるべく、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動しています。
患者さんの意思や利益を尊重し、美容施術を積極的には推奨しない姿勢を基本としています。お悩み相談はメールフォームにて直接受け付けていますので、ぜひご相談ください。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員
美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員
【学会・講演での発表】
『眉毛下皮膚切除630例の経験』第61回 日本形成外科学会総会・学術集会
『眉毛下皮膚切除675例の経験から 上眼瞼形成術との違い』第132回 日本美容外科学会学術集会
『眉毛下皮膚切除657例の経験』第106回 日本美容外科学会JSAS
『きれいな傷跡 傷跡を目立たせない眉毛下皮膚切除術』第8回 JAAS東京ライブフォーラム講演