※本サイトで提供しているすべての情報は、六本木境クリニック・境 隆博院長の見解によるものです。

まぶたのお悩み解体新書 » まぶたのたるみ解消のために自分自身でできるコト » まぶたまでしっかり保湿する

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

美容外科「六本木境クリニック」院長。たるみ治療の専門家として、カウンセリングからアフターケアまで一貫して担当。また、美容医療業界の技術発展を目指し、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動中です。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員/美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員

まぶたのたるみ対策には、保湿が大事

まぶたのたるみが気になっているなら、毎日のスキンケアを見直してみましょう。皮膚のスキンケアでは、何より保湿が大切なのです。まぶたは、皮膚がとても薄いことは他のページでも説明しました。薄いということは、その分、皮脂腺も少なく、皮脂のバリアで水分をキープしておくことが難しく、ちょっとした要因でカラカラになってしまいます

皮膚の乾燥はたるみの原因の1つであると言われています。まぶたの保湿が十分でないと、乾燥が進み、真皮という肌の奥深くにあるコラーゲンやエラスチンといった成分量が少なくなり、ハリがなくなった肌は、重さに耐えられずたるんでいくと言った意見があります。

しかし、もともと皮膚はまぶたの開閉にために十分な余裕があります。一重の人でも子供のころから皮膚が余っており、二重まぶたの人は折りたたまれているほど皮膚があまっています。皮膚自体がたるむことが、まぶたのたるみの主な原因でなくて、もっと内部の構造に起因しているとわたくしは思います。

乾燥することによってかゆみや違和感が生じ、無意識にまぶたをこする機会が増え、その結果として、靭帯などの支持組織がゆるむことがまぶたの皮膚のたるみ(上眼瞼皮膚弛緩症)の主な原因、同様にして眼瞼挙筋腱膜がゆるむことが眼瞼下垂の主な原因ではないのでしょうか?

今、あなたのまぶたがカサカサでたるみが気になっているなら、お肌の水分が足りず乾燥が進んでいますよ、SOSサインが出ているということです。今すぐ、保湿を考えたスキンケアにチェンジしましょう。たるみの症状がさらに進んでしまうと、もう自分だけではどうすることもできず、やはりクリニックで何らかの専門的治療が必要となってきます。でも、その前にこれ以上悪化しないように自分自身でまぶたのたるみを予防できます。なぜなら、こすらないことと保湿で十分ですから、まぶたのたるみ予防は比較的簡単にできます。

正しい保湿のケア方法をアドバイス

お肌の乾燥を食い止めて、皮膚の奥深くのハリを保つコラーゲンやエラスチンの生成を促し、これ以上減らさないために。毎日の化粧水や乳液、美容液などで、正しくお手入れをしていきましょう。

通常のスキンケアの正しい方法

毎日の朝と夜のお手入れは、できれば保湿効果の高い化粧品に変えましょう。とは言っても、コラーゲンやエラスチン成分が配合された高価な化粧品が良いとは限らず、もっとシンプルで安価なもので十分であると思います。与えるばかり意識しがちですが、実は、乾燥は洗顔やメイク落としが原因となっていることも。ひと通りの流れをまとめましたので、参考にしてみてください。

洗顔&メイク落とし

熱めのお湯を使うとお肌の油分が必要以上に奪われますので肌温で洗いましょう。洗顔料の洗浄力の高いものは刺激も強いです。乾燥が気になるときは、無添加の敏感肌用など刺激の少ないものを使用しましょう。

夜には、1日お肌についていたメイクを落とすわけですが、メイク落としはファンデーションや口紅を落とせるほど強い成分です。なるべく皮膚につけておく時間を少なく、流し残しがないようにしましょう。洗顔もメイク落としも、デリケートなまぶたは、なるべく強くこすらず優しく触れるように洗いましょう。

化粧品の使い方

高い保湿力の化粧品を使いましょう。とは言ってもコラーゲン・ヒアルロン酸などが豊富に入った高価なものが良いとは限りません。シンプルで安価で保湿力があるもので十分だと思われます。美容液は、潤い補給とともに、お肌に足りない成分を行うためのケア。化粧水と美容液で保湿をして、乳液で潤い成分にバリア。丁寧な手順でお肌は変わってきます。オールインワン化粧品もありますが、乾燥肌の方には潤いキープ力が足りない場合があります。

アイクリームをプラス!

まぶたの乾燥を食い止めるために、目もと専用のアイクリームを利用しましょう。お顔全体の保湿をする化粧品よりも、薄い目もとに浸透しやすく研究された成分配合となっているからです。メイク前やお休み前にプラスすると潤い効果がアップするのです。

【アイクリームの使用方法】
目頭や中央、目尻にアイクリームをのせます。目頭から目尻の方向へ指で優しくのばしてなじませます。強く触らず刺激を与えないようにしましょう。マッサージはたるみの原因となります。

メイク

しっかり保湿した後にメイクをしていきます。ファンデーションも最近では潤い効果の高い製品も多いです。パウダーよりもリキッドタイプが乾燥しにくいでしょう。目もとは、やわらかなスポンジでゆっくり丁寧に。摩擦が皮膚を傷め、乾燥しやすい状態をつくってしまうからです。アイメイクはなるべく最低限が理想ですが、アイラインをひく場合も痛くならないように優しく行いましょう。

スペシャルケアの正しい方法

週に1度のパックなど、普段のスキンケアにプラスしてスペシャルケアを入れるとたるみ対策に良いかと思います。エイジングや保湿とダメージに良い成分配合のものを選びましょう。たるみが気になる肌には、コラーゲンやエラスチンが不足した状態ですので、この弾力成分配合がおすすめです。
パックは、お顔全体のシートマスクタイプと目もと用タイプもあります。やはり、目もと専用は、まぶたのたるみのためにアプローチできる成分配合となっていますので一押しです。お顔全体のパックも、まぶたのたるみによって額のシワなどが出ている場合や目もとだけでなく全体的にお顔が乾燥している場合の対策にもなりますので、ぜひ活用したいものです。
ただ上記のような意見がありますが、わたくしはただのコンプレックスビジネスであるようにしか思えません。 どうしてもシンプルなものだけで良さそうに思えてなりません

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

     

数ある美容外科施術の中でも、たるみの治療を専門的に行う六本木境クリニック。たるみ治療の専門家として、カウンセリングや手術を担当するのが、院長である境隆博です。多くの経験からなる知識を美容医療業界の技術発展に貢献させるべく、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動しています。
患者さんの意思や利益を尊重し、美容施術を積極的には推奨しない姿勢を基本としています。お悩み相談はメールフォームにて直接受け付けていますので、ぜひご相談ください。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員
美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員
【学会・講演での発表】
『眉毛下皮膚切除630例の経験』第61回 日本形成外科学会総会・学術集会
『眉毛下皮膚切除675例の経験から 上眼瞼形成術との違い』第132回 日本美容外科学会学術集会
『眉毛下皮膚切除657例の経験』第106回 日本美容外科学会JSAS
『きれいな傷跡 傷跡を目立たせない眉毛下皮膚切除術』第8回 JAAS東京ライブフォーラム講演

境先生が推奨する
まぶたのたるみ治療とは

   

メールフォームから直接相談する
※別ページが開きます