※本サイトで提供しているすべての情報は、六本木境クリニック・境 隆博院長の見解によるものです。

まぶたのお悩み解体新書 » 美容外科でできるまぶたのたるみ治療 » 上眼瞼形成術

まぶたのたるみの治療方法 上眼瞼形成術とは

上眼瞼形成術がおすすめの方

まぶたの皮膚のたるみに悩んでいる方/まぶたのたるみは比較的軽度の方/目尻のたるみが目立たない方
西洋人のような薄いまぶたの方/傷あとをあまり残さず目立ちにくい手術をしたい方

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

美容外科「六本木境クリニック」院長。たるみ治療の専門家として、カウンセリングからアフターケアまで一貫して担当。また、美容医療業界の技術発展を目指し、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動中です。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員/美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員

そもそも上眼瞼形成術とは
どのような施術なのか

  • 平均的な治療費:
    35万円程度
    ダウンタイム:
    2週間程度
  • 上まぶたのたるみは、靭帯などの支持組織が弱くなって皮膚がたるんでくるという原因が多いです。その皮膚のたるみに対して行われる手術として上眼瞼形成術があります。

    上まぶたがたるんでくると、余分な皮膚が下がり、かぶさるようにしてまつ毛が下に向いてしまいます。目もとの全体的な印象も小さく見えてしまいます。そのような症状の場合に、上眼瞼形成術をすると、余分なたるみがなくなってまつ毛が上を向き、若いころのような目もとへと近づけることができると言います。

    簡単にどんな手術かを説明すると、上まぶたのたるんだ皮膚を二重のあたりで切り取って縫い縮めるという方法です。皮膚を切開するところは、ちょうど二重のラインの溝に隠れるため、傷あとが目立ちにくいことと、眼瞼下垂の手術である挙筋前転法なども同時に行えることが良いところ。多くの美容外科で行われている代表的なまぶたのたるみ取り手術です。皮膚のたるんだところを切り取る治療で、見た目を悩ませていた余分な皮膚をなくすことができる手術法なのです。

まぶたのたるみへの 上眼瞼形成術の治療効果

良くも悪くも目の印象が大きく変わりやすい

上まぶたというのは、眉毛の下で一番皮膚が厚く、まつ毛のある下に向かってだんだんと皮膚が薄くなっていくという構造になっています。これは、瞬きでしなやかに開けたり閉めたりするために必要な構造です。上眼瞼形成術では、二重のラインで皮膚を切る手術法であるため、まつ毛の上の皮膚の薄い部分が切り取られることになります。たるんでいた余分の皮膚は取り除け、二重と重なった傷あとは目立たなくなります。

しかし、二重ラインで薄い皮膚を切り取るので、二重よりも上には厚い皮膚だけが残ります。二重からすぐ上が厚めの皮膚となるということは、仕上がりが厚ぼったく見えやすくなるということです。瞬きをするときに厚くてやや固く不自然な動きをするまぶたになりやすいというデメリットはあります。たるみが軽い人では目立ちにくいのですが、重度のたるみのため切除幅が広い人やもともとまぶたが分厚い人では、この手術法ですと、人工的な二重になりやすいということです。

あるクリニックでこの上眼瞼形成術を受けてから、なかなか目の腫れが引かないと心配になり、他の医師に相談にいった患者さんがいたそうです。それは、手術の傷の腫れではなく、薄いまぶたの皮膚を切ったことで、分厚い皮膚が目立ち、腫れて見えていたという診察結果になりました。たるみは取れても腫れたような表情の目もとになってしまったケースです。一度切ってしまった薄い皮膚はもとには戻りませんので、たるみが重度の方は、別の手術法を選択するべきだったのでしょう。

また、上眼瞼形成術は、中央の皮膚はキレイに切除できますが、目尻のたるみ部分は取りにくいという特徴があります。ですので、仕上がりが中央のたるみは解消しても目尻の皮膚ばかりたるんで見えるということもあります。

この手術法は、医師の技術力が大事となってきますし、そもそも上眼瞼形成術ではあまり仕上がりがきれいにならない患者さんもいらっしゃいますので、色々な選択肢を提案してくれるクリニックを選ぶことが大切となってきます。

たるみ改善の効果はどれくらい?

良くも悪くも目元の印象が変わりやすいです

皮膚のたるんだ部分を取り除く手術なので、手術前と手術後では、仕上がりの差がよくわかります。ただし、薄い皮膚を切り取るために、目の印象が大きく変わりやすく、イメージと違った目もとになってしまったという方も多いです。一度、切ってしまったらもとには戻せないため、慎重に考えましょう。

治療の期間とダウンタイムは?

施術のダウンタイムは2週間程度

皮膚を切開して取り除く手術ですので、麻酔が切れれば痛みが出てきます。ダウンタイムは、個人差があり、腫れや内出血がひどい方もいます。手術後、3日間くらいは強く腫れ、徐々に引いていきますが、もとに戻るまでは2週間程度かかる場合があります。右と左でも腫れや内出血に差が出ることもあるようです。抜糸は、1週間で行い、それ以降はメイクなどで傷あとを隠すことができます。傷あとは、二重のラインの上ですので目立ちにくい位置ですが、目を閉じたときに赤く見えてしまい、3か月ほどたっていくと徐々に薄くなってきます。

どのくらい費用がかかる?

30~40万円くらいが相場です

お願いする美容外科によって、手術費用は開きがあります。平均的には、30万円~40万円が目安と考えていてください。麻酔には別途費用がかかることも。また、気に入らなかった場合の修正費用が別で請求される場合もありますので注意しましょう。低価格だからと安易に決めてしまうと何かあったときにきちんと対応してもらえないこともあるので、費用よりも信頼性で決めたほうが良いと思います。

上眼瞼形成術の 安全性について

経験の多い医師にお願いするのがポイント

やはり繊細な技術が必要な手術ですので、経験が少ない医師ですと失敗するケースもあります。たるみの状態を考慮して二重のラインのどのあたりを切るのかどのくらいの幅の皮膚切除をするのか判断が難しいからです。違和感のある二重ラインに仕上がってしまったり、厚ぼったい不自然なまぶたに見えてしまったり、たるみがなくなっても、イメージと違った目もとになることがあるのです。また、縫合がガタガタで目を閉じたときに傷あとが目立つ場合も。

まぶたに違和感があると瞬きしづらくなり、結果的にドライアイになってしまった方もいます。こういった失敗を避けるためにも、経験の多い医師にお願いするのがおすすめです。まれにケロイド体質の方は、治る過程で傷部分が盛り上がってくるケロイドによって目立ったり、瞬きの時に違和感が出たり、傷あとが残りやすくなることもあります。

上眼瞼形成術の
メリットとデメリットを比較

上眼瞼形成術のメリット

  • 傷跡が残りにくい手術である
  • 傷あとが目立ちにくい
  • 眼瞼下垂の手術もできる
  • 幅広の二重ラインを形成できる

上眼瞼形成術のデメリット

  • 二重の上側が分厚くなりやすい
  • まぶたが薄い人にしか向かない
  • 目尻のたるみは取り切れない
  • 瞬きの違和感や傷あとなどリスクがある
  • もとに戻すことは難しい

まつ毛にかぶさって見える、まぶたのたるんだ皮膚を除去するという、患者さんにとってもわかりやすい手術。二重のラインを切るため、目立つ傷あとが残りにくく、眼瞼下垂の手術などを同時に行えることがメリットです。

しかし、皮膚の一番薄いところを切ってしまうので、二重ラインの上に厚い皮膚がくることでかえって厚ぼったく不自然に見えることも。腫れがずーっと続いているように感じる、いわゆる整形の二重といった印象に仕上がりやすいです。他の手術法では、まぶたの上の厚い皮膚を切り取る方法もありますので、クリニックで相談してみると良いでしょう。

そして、何よりもカウンセリングのときに、見せてもらった症例写真などで多少なりとも整形顔に見える人がいるクリニックは、整形顔が嫌いな人は避けた方が無難でしょう。

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

     

数ある美容外科施術の中でも、たるみの治療を専門的に行う六本木境クリニック。たるみ治療の専門家として、カウンセリングや手術を担当するのが、院長である境隆博です。多くの経験からなる知識を美容医療業界の技術発展に貢献させるべく、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動しています。
患者さんの意思や利益を尊重し、美容施術を積極的には推奨しない姿勢を基本としています。お悩み相談はメールフォームにて直接受け付けていますので、ぜひご相談ください。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員
美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員
【学会・講演での発表】
『眉毛下皮膚切除630例の経験』第61回 日本形成外科学会総会・学術集会
『眉毛下皮膚切除675例の経験から 上眼瞼形成術との違い』第132回 日本美容外科学会学術集会
『眉毛下皮膚切除657例の経験』第106回 日本美容外科学会JSAS
『きれいな傷跡 傷跡を目立たせない眉毛下皮膚切除術』第8回 JAAS東京ライブフォーラム講演

境先生が推奨する
まぶたのたるみ治療とは

   

メールフォームから直接相談する
※別ページが開きます