※本サイトで提供しているすべての情報は、六本木境クリニック・境 隆博院長の見解によるものです。

まぶたのお悩み解体新書 » 運営者情報

たるみ治療の専門医が答える
まぶたのお悩み解体新書

本サイト『たるみ治療の専門医が答える まぶたのお悩み解体新書』は、まぶたのたるみやその治療方法について、正しい情報を発信・拡散するために立ち上げたメディアです。
インターネットで検索をすれば、すぐにまぶたのたるみの原因やケア方法といった情報を手に入れることができます。ですが残念ながら、そこに表示される情報には誤ったものが多く見られるのが現状です。お悩みを抱える女性がその情報を信じた結果、たるみが悪化してしまったという事例を当院でも多数目の当たりにしてきました。
悲しい想いをする方を少しでも減らすために、当サイトではまぶたのたるみについて、医師の視点から正確に、誰にとっても理解しやすく、同じように伝わるよう制作をしています。
我々は必ずしも美容外科の治療が必要であるとは考えていません。ですので、施術についてもメリットだけでなくデメリットも同時に伝えるなど、あくまで一般的な知識として情報をお届けいたします。

運営者 六本木境クリニック基本情報

サイト監修 六本木境クリニック院長 境隆博

【経歴】

  • 平成7年 鹿児島大学医学部 卒業
  • 平成7年 鹿児島大学小児外科 入局
  • 平成10年 長崎大学形成外科 入局
    関連病院勤務・形成外科科長など10年以上の形成外科経験
  • 平成22年 美容外科 分院院長
  • 平成24年4 六本木境クリニック開院

【資格・所属学会】

  • 形成外科専門医
  • アンチエイジング外科学会評議員
  • 美容外科学会(JSAPS)正会員
  • 美容外科学会(JSAS)正会員
  • フェザーリフト研究会

【シンポジウム発表】

  • 『スプリングスレッド422例の経験から』
    第4回JAAS公開講座スレッドリフト・ライブフォーラム(東京)6月、2018年
  • 『眉毛下皮膚切除657例の経験』
    第106回 日本美容外科学会JSAS(東京)5月、2018年
  • 『スプリングスレッド342例の経験から』
    第105回 JSAS 日本美容外科学会(東京)5月、2017年
  • 『アンチエイジング外科&刺青治療』
    第15回日本医科大学形成外科講演会(東京)11月、2017年
  • 『きれいな傷跡 傷跡を目立たせない眉毛下皮膚切除術』
    第8回JAAS東京ライブフォーラム 講演 (東京)11月、2017年

【学会発表】

  • 『眉毛下皮膚切除675例の経験から 上眼瞼形成術との違い』
    第132回 日本美容外科学会(JSAPS)学術集会(沖縄)6月、2018年
  • 『刺青に対する皮膚剥削術678例の経験から得られたコツについて』
    第132回 日本美容外科学会(JSAPS)学術集会(沖縄)6月、2018年
  • 『刺青に対する皮膚剥削術678例の経験』
    第106回 日本美容外科学会JSAS(東京)5月、2018年
  • 『眉毛下皮膚切除630例の経験』
    第61回 日本形成外科学会総会・学術集会(福岡)4月、2018年
  • 『刺青に対する皮膚剥削術669例の経験』
    第61回 日本形成外科学会総会・学術集会(福岡)4月、2018年
  • 『刺青削皮700例以上の経験から』
    第40回 JSAPS 日本美容外科学会総会(札幌)9月、2017年
  • 『スプリングスレッド350例以上の経験から』
    第103回長崎形成外科懇話会(長崎)5月、2017年
  • 『刺青削皮700例以上の経験から』
    第103回長崎形成外科懇話会(長崎)5月、2017年

当サイトにおける 免責事項

当サイトは、たるみ治療を専門に行う美容外科「六本木境クリニック」が2018年9月に制作・運営を行っています。クリニックでの治療経験や臨床結果を基に、院長である境隆博の考えをまとめています。掲載内容は独自のものとなっているため、他クリニックでの説明と異なる点がある可能性もありますのでご了承ください。掲載情報には学会にて発表を行う予定の内容もございます。無断転載はお控えいただくようお願いいたします。
また、メールフォームからお問い合わせをいただけましたら、院長である境より直接ご返信を差し上げています。まぶたのたるみについて、サイトを読んでも解決されない悩みがありましたら、お気軽にご連絡ください。

メールフォームから直接相談する
※別ページが開きます

電話でのお問い合わせ
03-6441-0691