※本サイトで提供しているすべての情報は、六本木境クリニック・境 隆博院長の見解によるものです。

まぶたのお悩み解体新書 » 美容外科でできるまぶたのたるみ治療 » 眉上切開

まぶたのたるみの治療方法 眉上切開とは

眉上切開がおすすめの方

顔面神経麻酔による眉毛の左右差などで眉毛の手術を必要とされる方/眉毛の位置が特に下がっている方

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

美容外科「六本木境クリニック」院長。たるみ治療の専門家として、カウンセリングからアフターケアまで一貫して担当。また、美容医療業界の技術発展を目指し、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動中です。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員/美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員

そもそも眉上切開とは
どのような施術なのか

  • 平均的な治療費:
    35万円程度
    ダウンタイム:
    2週間程度
  • 眉上切開は、別名はブローリフト、眉上リフトなどと呼ばれています。美容外科で行われる手術方法のひとつです。別のページでは、眉上切開という眉毛の下にメスを入れて皮膚を切り取る手術について説明しました。

    一方で、この手術は「眉上」であることがポイントです。眉毛の上の部分の皮膚を眉毛の上のラインにそって切り取り縮めます。この手術で切り取るのは、眉毛に近い、額の皮膚なのです。眉上切開により、額の皮膚を切り取って縮めて縫います。皮膚が少なくなった分、眉毛が持ち上がって額の面積が短くなり、眉毛が上がるというアプローチができるのです。

    まれに、まぶたの皮膚のたるみを訴える患者さんに提案されるケースがあります。その場合、眉毛が引きあがることにより、まぶたが上がるといった効果を期待したものです。

    まぶたが下がると無意識に持ち上げようと額に横ジワをよせるように力を入れてしまいますね。これと同じように、眉上切開では、額と眉毛をアップさせれば、上まぶたも一緒に持ち上がるという見解です。

    しかし、実は上まぶたの治療にはあまり適さない手術方法なのです。基本的に眉上切開は、左右差など眉毛の問題を解消する手術として行われるというのが一般的です。それも、顔面神経麻痺などで眉毛がひどく非対称になってしまったという特殊な場合に行われる手術なのです。

まぶたのたるみへの 眉上切開の治療効果

まぶたのたるみでの眉上切開の必要性

まぶたの治療で眉上切開を用いようとすると、眉毛の上にメスを入れるため、まぶたからは遠い位置から持ち上げることになります。眉毛を無理に持ち上げるようになりますし、まぶたのたるんだ皮膚はそのままです。つまり、この手術法では、たるんだままの皮膚を上にグッと持ちあげるといった間接的な対処しかできないということ。たるみがひどければ、いくら上から持ち上げても改善しきれないこともありますし、無理やりに上に引っ張られたような表情となってしまいます。

また、眉毛の上の額から引っ張り上げると、まぶたは不自然にくぼんでしまいます。手術というのは、効果を出したい部位から近ければ近いほど効果が高いと言われています。眉上は、まぶたの位置から遠いため、やはりたるんだ皮膚を眉上で持ち上げて改善するというアプローチは無理があるということなのです。眉毛の下が狭い人のまぶたのたるみには眉上切開が向かないので眉上切開が必要であると言ったまことしやかな意見もありますが、眉下距離が狭い人でも眉上切開が向かないことはありません。

眉上切開では眉下を狭くしたい人は狭くすることが、狭くしたくない人はほとんど狭くしなくてたるみを取ることができます。よって、眉上切開が必要なケースは顔面神経麻痺での眉毛の非対称など特殊な場合しかないように思われます。

たるみ改善の効果はどれくらい?

あまりメリットを感じない手術法

まぶたのたるんだ皮膚は減らしておらず、額の皮膚を切り取ります。眉毛の上の位置からまぶたの皮膚を引き上げるにも限界があります。しかも、眉上は傷あとがとても目立ちやすいです。傷あとが目立つうえに、まぶたのたるみを根本的に取ることができないというのでは、あまりメリットを感じない手術法と言えるでしょう。

もし、美容外科で、まぶたのたるみを訴えて、この眉上リフトだけを提案されたなら、別のところにも相談に行きましょう。まぶたのたるみには、たるんだ皮膚を切り取り効果的に改善する眉上切開法や眼瞼下垂の手術、埋没法など、他にも効果的な手術の種類はあるのです。もしも、眉毛が下がっていることや額と眉毛の距離など、まぶたのたるみ以外で問題がある場合は、この手術法が選択されることもあるでしょう。美容外科では、まぶたのたるみだけでなく、お顔全体の状態を見て、手術法を組み合わせた治療が行われる場合もあります。

しかし、上まぶたの皮膚がたるんでいるだけの原因であるならば、眉上切開は適しておらず、むしろ他の手術法を選んだほうが自然なまぶたに改善する効果が期待できると思います。眉上切開は眉毛の下が狭い人には向かないと言った考え方もあり、眉下距離が狭い人のまぶたのたるみに対して眉上切開が選択されることがあるそうです。しかし、眉上切開を上手く行うと眉下距離の狭い人でも眉下距離をほとんど縮めることなくまぶたのたるみを改善できると言えます。

治療の期間とダウンタイムは?

施術のダウンタイムは2週間程度

手術の時間は40分程度で終わり、麻酔等をふくめると1時間程度ということです。入院の必要もなく、術前・術後の通院も数回ですみます。手術には、局所麻酔などを使用しますが、麻酔が切れれば、切開をしているため、痛みがやはり出てきます。腫れやむくみなどは1週間程度あるようです。痛みや腫れなどがひどい場合は、氷をビニールに入れたものやアイスノンなどをタオルに包んで冷やすことで症状が和らぎやすいです。内出血は2週間程度で徐々に引いてくるようです。抜糸は、約1週間で行われます。傷あとは、眉毛の上のラインにそっていますが、やはり赤みが目立つ位置です。半年ほどするとだんだんと薄くはなるようです。眉上は、前髪で隠すことができ、メイクも抜糸後は可能となります。もし、まぶたのたるみの手術として行った場合は、まぶた自体はメスを入れていないので目もとにキズは付きません。

どのくらい費用がかかる?

30~40万円くらいが相場です

お願いする美容外科によって費用は異なりますが、一般的に30万円~40万円が相場のようです。その他にも、麻酔代や術後の痛み止め・化膿止めなどのお薬が別途請求される場合がありますので注意しましょう。

眉上切開の 安全性について

イメージと違う仕上がりとなるリスク

やはり、眉上を切開する手術であるために感染症や皮下出血、まれですが、眉毛の動く働きが弱くなるなどの顔面神経麻痺、感覚が鈍くなるという三叉神経麻痺などのリスクなどがあります。まぶたのたるみ治療として手術した場合、まぶたの皮膚を減らすわけではないので、まぶた自体には負担はありません。眉上の額の腫れや痛み、内出血が長引くこともあります。

医師の技術の差により、不自然なイメージと違う仕上がりとなるリスクはあります。眉上切開後のまぶたの特徴は引っ張ってたるみを見えなくするので独特な方向へのヒキツレとくぼみが生じやすいことです。両方の眉上を引き上げるので医師の技術とセンスによって左右のバランスが悪くなるといったことも考えられます。傷あとのリスクとしては、眉上ですので眉下よりも人の目につきやすく、目立ちやすいというデメリットがあるのです。

眉上切開の
メリットとデメリットを比較

眉上切開のメリット

  • 眉毛の位置が下がっている方に効果的
  • 眉毛の位置が非対称の方に有効
  • まぶたは傷つかない

眉上切開のデメリット

  • たるんだ皮膚を除去できない
  • 表情が不自然になりがち
  • まぶたがくぼんで見える

眉上切開を上まぶたの治療として選ぶと、まぶたのたるみ改善効果は低く、傷あとまで目立ちやすいというリスクがあります。眉上切開は、顔面神経麻痺などの特別な眉毛の治療に用いる手術法であることを把握しておいてください。あなたのたるみの悩みに合った治療法を見つけましょう。

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

     

数ある美容外科施術の中でも、たるみの治療を専門的に行う六本木境クリニック。たるみ治療の専門家として、カウンセリングや手術を担当するのが、院長である境隆博です。多くの経験からなる知識を美容医療業界の技術発展に貢献させるべく、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動しています。
患者さんの意思や利益を尊重し、美容施術を積極的には推奨しない姿勢を基本としています。お悩み相談はメールフォームにて直接受け付けていますので、ぜひご相談ください。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員
美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員
【学会・講演での発表】
『眉毛下皮膚切除630例の経験』第61回 日本形成外科学会総会・学術集会
『眉毛下皮膚切除675例の経験から 上眼瞼形成術との違い』第132回 日本美容外科学会学術集会
『眉毛下皮膚切除657例の経験』第106回 日本美容外科学会JSAS
『きれいな傷跡 傷跡を目立たせない眉毛下皮膚切除術』第8回 JAAS東京ライブフォーラム講演

境先生が推奨する
まぶたのたるみ治療とは

   

メールフォームから直接相談する
※別ページが開きます