まぶたが”たるむ”ってどういうこと?

まぶたのお悩み解体新書 » まぶたが"たるむ"ってどういうこと?

まぶたのたるみはどんな状態かを知ろう!

まぶたのたるみに悩んでいても、どうしてたるんでしまうのかそもそもの原因を詳しくはよく知らない方は多いと思います。まぶたは、顔の中心にありますし、少しの変化でも鏡を見れば気づきやすく、顔全体の印象を左右してしまいます。だからこそ、日ごろから気をつけておきたいですよね。

それならば、まずは、まぶたの構造について基本的な知識を持っておくことが大事です。そして、私たちの暮らしの中で、たるんでいく原因となっているのは何か具体的に把握しておくと良いでしょう。そういった知識があれば、たるみを予防する心がけができるからです。

まぶたがたるむってどういうことなのか分かる項目を設けて、それぞれ1ページでまとめてみました。どれも、参考になる情報が多いですので、自分が興味のあるところだけでなく、すべて目を通すと、役立つ知識を得ることができますよ。

正常なまぶたとたるんだまぶた

まぶたの皮膚にハリがあって、たるんでいない健やかな状態。たるみや眼瞼下垂がないと若々しく見えます。まぶたは、皮膚が他よりも薄くてデリケート。ダメージを受けやすいのです。薄い皮膚の下には、眼輪筋(がんりんきん)、脂肪があり、まぶたを開けるための筋肉:眼瞼挙筋(がんけんきょきん)と腱膜(けんまく)や靭帯などの支持組織で、まぶたを支えています。まぶたのたるみというのは、この繊細な皮膚と筋肉へのダメージが関係しているのです。

まぶたがたるむ3大原因とは

顔が老けて見え、表情を悪くしてしまう、まぶたのたるみ。いつの間にかたるんできたけど、根本的な原因は何なのでしょうか。悩む方にとって一番知りたい知識ですよね。まぶたがたるむのには3大原因があります!それは、「加齢」「刺激」「乾燥」と言われています。何となく想像できるけれども、どうしてたるみにつながるのか具体的にはよく知らないという人がほとんどだと思います。そこで、下記にそれぞれの原因となる理由を解説していきますので、ぜひ読んでみてください。

若々しい10代のころはなかったたるみ。20代後半から、30代、40代と歳が重なるについて、ゆっくりと目もとが重くなってきていませんか。それは、皮膚そのものがだらんとハリがなくなってたれてきている場合もあれば、まぶたを支える筋肉が弱まってきている場合もあるのです。

いつもの洗顔やメイク、目を触るクセでも皮膚への摩擦があります。また、前髪がまぶたにあたっているというのも小さなことですが、毎日となると刺激となってしまうのです。季節的な要因もあり、春は花粉症などのアレルギーによってまぶたにかゆみが出る、カサカサになることもありますよね。このように私たちのまわりでは、まぶたの刺激になることが沢山あるのです。

夏場はクーラーの風。秋から冬は、外気と室内の暖房での湿度が足りない空気が乾燥を招きます。まぶたの皮膚というのは、とても薄いために、他の肌よりも潤いをキープしにくいのです。だからこそ、気にして保湿してあげなければカサカサが慢性的に。そういった状態が続けば、目をこすることによって徐々にたるみがひどくなってきてしまいます。

まぶたをたるませるNG習慣

1日の中で何を気をつけていけば良いのか。乾燥対策や刺激を減らすなど、なかなか具体的に心がけが難しいですよね。そこで、ある働く忙しい女性の1日を通して、NG習慣をピックアップしてみました。毎日の中でやってしまいがちなタブーを時間ごとにアドバイスしていますので、参考にしていただけると思いますよ。

まぶたのマッサージは、目の周辺を直接触るため、実は刺激になりやすいのです。間違ったお手入れがかえって悪化させてしまうこともあるのです。目が疲れるとつい皮膚を引っ張って疲れた筋肉を動かしてしまいがちですが、どうしてそれが良くないのかを解説していきます。

紫外線というとシミの原因ということばかり注目されていますが、実はたるみにも注意が必要です。紫外線には、A波、B波という種類があって、夏場だけ気をつけておけばよいということではありません。その種類の違いやお肌に与える影響を詳しくレクチャーしていきます。

お仕事でパソコンを使う方。気づけばスマホ画面ばかり見ているという方。最近、疲れ目に悩んでいませんか。目の疲れが慢性的になってしまうと眼精疲労になって、あらゆる不調がでてきます。そして、まぶたのたるみの原因となるのです。なぜ目が疲れるとたるんでしまうのかを説明します。

視力が悪い人にとって欠かせないのが、とても便利なコンタクト。1DAYや2WEEK,ソフトレンズやハードレンズなど色々な種類があり、使っている人はたくさんいますが、コンタクトを長期使用することによって、まぶたのたるみや眼瞼下垂が引き起こされるということを知っていましたか?コンタクトがまぶたのたるみや眼瞼下垂を引き起こすその理由と、まぶたのたるみや眼瞼下垂を予防するためにコンタクトを使用する人が何に気を付けたらいいかについて説明していきます。

最近はつけまつ毛よりもマツエクが主流となっています。マツエクをすると目元の印象が華やかになり、メイクの時短にもつながります。また、すっぴんの状態でも目力が出るので最近とても女性の間で人気があるようです。つけまつ毛よりも目に負担が少ないといわれるマツエクですが、マツエクもまぶたのたるみと関係があります。マツエクをする人はどのようなことに気を付けたらいいのか、どのように予防したらいいのか説明していきます。

Pick up!
実はマッサージがまぶたのたるみを生んでいた

まぶたのたるみには、マッサージが良いと思っていませんでしたか?実は、良かれと思って行っていたマッサージがたるみの原因になってしまっているのです。薄くてデリケートなまぶたは、軽く触れるだけでもダメージを受けます。触ったり引っ張ったりすると、かえって悪化させてしまうので、やめるようにしてください。

マッサージの危険性を
知りたいならクリック!

Pick up!
眼瞼下垂に似ている「偽眼瞼下垂」って?

眼瞼下垂に似た症状で「偽眼瞼下垂」というものがあります。神経や筋肉に異常はないのですが、「まぶたが重く開けづらい」といった眼瞼下垂と似たような症状を持つため、そのように呼ばれます。どのようなことが原因で起こるのでしょうか。確認してみましょう。

偽眼瞼下垂について
知りたいならクリック!

Pick up!
まぶたが突然下がる!?「後天性眼瞼下垂」とは

まぶたが少しずつ、または、突然下がる症状のことを後天性眼瞼下垂と言います。加齢が主な原因といわれていますが、長い期間コンタクトレンズを使用していることや白内障や緑内障の手術をしたことがある場合も後天性眼瞼下垂の原因として考えられています。後天性眼瞼下垂と治療・手術方法について詳しく解説していきます。

後天性眼瞼下垂について
知りたいならクリック!