たるみを目立たせないメイクをする

※本サイトで提供しているすべての情報は、六本木境クリニック・境 隆博院長の見解によるものです。

まぶたのお悩み解体新書 » まぶたのたるみ解消のために自分自身でできるコト » たるみを目立たせないメイクをする

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

美容外科「六本木境クリニック」院長。たるみ治療の専門家として、カウンセリングからアフターケアまで一貫して担当。また、美容医療業界の技術発展を目指し、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動中です。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員/美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員

まぶたのたるみを目立たせないメイクとは

目もとは、お顔の中心にあって面積が広いです。瞬きをしたり表情が出たり、いつも動いて変化が大きいので、人の視線が集まりやすいです。だからこそ、まぶたがたるんでいると、目立ってしまいますよね。他のシミやしわなどのお肌の悩みよりも、たるみは、お顔の全体の第一印象が変わってしまうため、老けた印象を与えてしまうのです。その悩ましいたるみ、メイクで少しでも隠せたらうれしいですよね。メイクのコツを学べば、目立たなくすることはできます。

しかし、ひとつ注意点があります。たるみを気にするあまり、目もとのメイクに時間をかけがちですが、目もとを触ることが多ければ、それだけまぶたへのダメージが増えるということです。優しく摩擦を起こさないように心がけてください。

まぶたのたるみを隠す
メイクのしかた

まぶたがたるむと、ハリがなく重たい印象に。老けて見えますよね。メイクのテクニックによって、うまくカバーしていきましょう。

下地

乾燥しやすいまぶたにもしっかりと下地をつけましょう。明るさや透明感をアップさせるタイプの下地もあります。

コンシーラー

お肌のたるみによって凹凸があると陰影ができることで目立ってしまいます。特に下まぶたは、カバー力のある目もと用のコンシーラーを使うと目立ちにくくなります。まわりの肌と違和感がでないように優しく薄くのばしていきましょう。

ファンデーション

隠したくて厚塗りをするとかえってたるみが目立ってしまいます。薄づきであってもカバー力のあるファンデーションを選ぶのがコツです。暗めのトーンはたるみを強調します。明るめの色味で明るさをアップさせて目立たないように仕上げましょう。

アイシャドウ&ハイライト

光にあたって明るく見える目もとにアイシャドウやハイライトを使って仕上げると、たるみによる影が目立たなくなってうまくカバーしやすいです。ゴールドや赤みのあるカラーがおすすめです。輝きのあるパール系も光って見えることでたるみで暗くなりがちな目もとを明るくできます。

アイライナー

アイラインは、重く見えがちなたるみのある目もとをきりっと引き締めるため、くっきりと黒で仕上げるのがおすすめです。だだし、硬いペンシルタイプで強く擦ってしまうとさらにたるみを悪化させてしまいます。リキッドタイプなど優しくてもはっきり描ける製品を選ぶと良いでしょう。

眉下切開の手術をした方へのメイクアドバイス

まぶたのたるみを美容外科で治療し、手術をされた方へのメイクアドバイスです。眉毛の下を切開してたるみをとる「眉下切開」という方法を受けられた場合、眉毛の下の傷あとが気になる場合もあるかと思います。時間をかけて傷の赤みなどは薄くなっていきますが、できるだけカバーしたいですよね。

もちろん、腫れが引いていない手術後から約1週間後の抜糸まではメイクは控えますが、それ以降はメイク可能というのが一般的です。ちなみに当院では洗顔は手術直後から眉毛の傷あとまで洗顔剤で、翌日からパウダーかリキッドでメイク可能です。

自分でできる傷跡カバーメイク

眉毛の下のカバーは、下地のあとのコンシーラー、ファンデーション、アイブロウの使い方で差が出ます。カバー力のある製品を使って、傷あとを刺激しすぎないように隠すのがコツです。

アイブロウをうまく活用する

眉毛を描くのは傷あとを刺激してしまうペンシルタイプよりも上手にぼかせるパウダータイプがおすすめです。ナチュラルにぼかすことで、眉毛の傷あとを目立たなくすることができます。まぶたを切開したことで眉と目の間隔がせまくなって、眉毛のカタチも多少変わることがあります。メイクになれずやり直すといったことで傷あとまぶたへの負担があると良くないので注意しましょう。

コンシーラーを使う

眉毛の境目や腫れなどが気になる場合は、ファンデーションよりもしっかりと傷あとなどをカバーできます。クリームやリキットなど色々なタイプがありますが、部分用の傷あと隠しに強いカバー力のあるものを選びましょう。上に乗せるファンデーションとあわせ、自分にあった肌色を選ぶとより自然にカバーできます。

ファンデーションでぼかす

コンシーラーのカバーした部分をより自然に見せるためには、ファンデーションが大事です。ナチュラルな効果よりも、しっかりとカバー力のあるパウダータイプが良いでしょう。傷あと部分のコンシーラーとなじませ、お顔全体の色の差などがないか鏡を見ながらカバーしてくのがコツです。

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

     

数ある美容外科施術の中でも、たるみの治療を専門的に行う六本木境クリニック。たるみ治療の専門家として、カウンセリングや手術を担当するのが、院長である境隆博です。多くの経験からなる知識を美容医療業界の技術発展に貢献させるべく、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動しています。
患者さんの意思や利益を尊重し、美容施術を積極的には推奨しない姿勢を基本としています。お悩み相談はメールフォームにて直接受け付けていますので、ぜひご相談ください。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員
美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員
【学会・講演での発表】
『眉毛下皮膚切除630例の経験』第61回 日本形成外科学会総会・学術集会
『眉毛下皮膚切除675例の経験から 上眼瞼形成術との違い』第132回 日本美容外科学会学術集会
『眉毛下皮膚切除657例の経験』第106回 日本美容外科学会JSAS
『きれいな傷跡 傷跡を目立たせない眉毛下皮膚切除術』第8回 JAAS東京ライブフォーラム講演

境先生が推奨する
まぶたのたるみ治療とは

   

メールフォームから直接相談する
※別ページが開きます