※本サイトで提供しているすべての情報は、六本木境クリニック・境 隆博院長の見解によるものです。

まぶたのお悩み解体新書 » まぶたが"たるむ"ってどういうこと? » まぶたをたるませるNG習慣 » マッサージ

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

美容外科「六本木境クリニック」院長。たるみ治療の専門家として、カウンセリングからアフターケアまで一貫して担当。また、美容医療業界の技術発展を目指し、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動中です。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員/美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員

まぶたのマッサージは注意が必要!

目もとを若々しく保つために、自分流のマッサージをしている方はいませんか。実は、間違った方法で行うと、逆にたるみを悪化させてしまう可能性も高いのです。マッサージするということは、まぶたを直接触ったり、ひっぱったり、余計な負担を与えてしまうということにつながるのです。でも、ボディマッサージは引き締めによいって聞くけど…、と戸惑いますよね。フェイスも強くマッサージすることは高級エステでもNGとされており、目もとに限っては、薄くて繊細なまぶたの構造からいって特におすすめできないのです。

まぶたの構造から
理解しよう!

なぜ、まぶたにはマッサージが良くないのか。それを知るためには、まずは、まぶたの構造を知っておくと理解しやすいです。

なぜマッサージがたるみを悪化させるのか

このサイトで語っているまぶたのたるみというのは、表情の変化が出やすい「上まぶたのたるみ」のことを言います。上まぶたのたるみは、皮膚がたるんでいくことと筋膜のゆるみというふたつの原因があります。加齢によってたるんでいくのは仕方がない部分がありますが、マッサージによる刺激によってたるんでしまうなら、それは止めたいですよね。

マッサージが良くないところは、お肌に手を直接あてて皮膚や筋肉を動かすことです。詳しくその危険性についてまとめてみました。

皮膚に負担を与える危険性

まぶたはとても繊細ですので、指で触れば、摩擦の力が負担になってしまいます。さらに、皮膚をひっぱるような動きは、皮膚と内部の組織の間にズレを生じ、腱膜や靭帯などの支持組織にダメージを与えてしまいます。また、傷ついた皮膚は弾力を保つためのコラーゲンを生成することが難しくなり、ハリのない状態に。さらに潤いを失い、乾燥が進んでいくと、かゆみなどの違和感が生じ、さらに無意識にさわってしまうという悪い連鎖が起きてしまうと言われています。

わたくしは支持組織のゆるみこそが、まぶたの皮膚のたるみに直結すると考えています。皮膚の傷みですら、かゆみなどの症状が生じることで、まぶたをさわる回数が増えることによって、支持組織が傷み間接的にまぶたをたるませる原因となっているように思います。

また上まぶただけでなく、比較的皮膚が厚く変化が見えづらい下まぶたにも、目をこすったり、触ったりするほどたるみが出てしまいます。このことは次のような機序に基づいています。眼窩脂肪と言う目玉の周りの脂肪を支えている支持組織がゆるむことによって、重力の影響で眼窩脂肪が下まぶた方向に下がって飛び出すことでふくらみが出現します。そして、頬のボリュームが同様に靭帯などの支持組織のゆるみによって下垂することにより、目の下のボリュームが菲薄化すると、この眼窩脂肪によるふくらみが目立ってくると言うわけです。

眼窩脂肪のふくらみが目立つと、影ができてきてクマとして目立つため、表情が暗くなって老け顔に見えてしまいます。

挙筋腱膜がゆるむ危険性

目を擦る人ほど、眼瞼挙筋腱膜がゆるんでまぶたが重たく下がっていく眼瞼下垂になっている、と言われています。まぶたのマッサージというのも目を触る動作ですので、目のまわりの組織への影響は大きいのです。瞳の上の奥に眼瞼挙筋(がんけんきょきん)があって、まぶたのふちの瞼板(けんばん)と言う軟骨と眼瞼挙筋腱膜(がんけんきょきんけんまく)を介して連結しています。マッサージで負担になる動かしかたやひっぱりかたをするとこの挙筋腱膜はうすい腱膜なので、瞼板との付着部がはずれたり、腱膜自体がダメージを受けて伸びてしまったりします。そうすると眼瞼下垂と言う状態になり、見かけ上まぶたがたるんでいくだけでなく、まぶたの開きが悪くなって視野がせまくなります。さらに眼精疲労などを引き起こし、無意識に目をこすってしまったりしますので、たるみの悪循環となってしまいます。眼球を支える筋膜や靭帯などの支持組織を傷めないためには、不必要にまぶたを触らないことが大切なのです。

このように、マッサージは、繊細なまぶたに摩擦を与えてダメージを与えてしまう危険性があります。よくやり方が分からない自分流のやり方は、かえって悩みを多くしてしまいますので注意しましょう。

もうすでに知らずにマッサージを行ってしまい、たるみがひどくなってしまったという場合は、これ以上悪化させないようにまぶたをいたわりましょう。マッサージはもちろん、手で触れることを避け、洗顔やアイメイクなども優しく丁寧に刺激を与えないように注意が大事です。お肌には保湿を中心とした化粧水などのお手入れをすると良いでしょう。

まぶたの改善を求めるならば、やはり一度できたたるみには、美容外科でのプロの治療がやはり必要です。自分だけでなんとかしようと思わずに、今のたるみの状態を相談できる良い医師を探しましょう。美容外科ではたるみの改善する治療法がありますので、自分だけで悩むことなく、相談すると安心できますよ。

優しく刺激の少ない、まぶたケアのコツ

もし、目のまわりに何かしらのケアをしたい場合には、マッサージ以外の方法を選ぶと良いでしょう。それは、まぶたの筋肉を触ったり動かしたりすることなく、刺激の少ない優しい方法がベストです。まぶたのために何かしたい方は、下記の方法を試してみることをおすすめします。まぶたを必要以上に触らなくても、まぶたのためにできるケアはあります。

①優しく目に効くツボ押し

まぶたの筋肉を強く押すようなマッサージではなく、優しくゆっくりと押すツボ押しです。目の周りには、疲れ目に効くツボがあります。まぶたを直接触らなくても、疲れ目を癒すことはできます。また、目の周辺以外にも、手や足などもツボがありますので自分の心地よいツボを色々と試してみるのも良いでしょう。

  1. 目頭にある「睛明(せいめい)」
    【効き目】 目の筋肉のコリをとって、痛みを和らげるツボです。
    【押し方】 左右の目頭の先端、鼻の付け根部分にある、くぼみを探しましょう。目を閉じた状態で、両手の人差し指を使って鼻を挟み込むように優しく押します。
  2. 目尻の先にある「太陽(たいよう)」
    【効き目】 眼精疲労を緩和したり、目の疲れによる片頭痛にも効きます。
    【押し方】 人差し指で目頭を探し、目頭から耳へまっすぐ指を動かしていくとへこんでいる部分があります。その太陽点というツボを見つけたら、優しく押さえます。優しくゆっくり触るのがコツです。
  3. 足の甲にある「眼睛(がんせい)」
    【効き目】 パソコンやスマホなどでドライアイとなってしまった目に涙の分泌を促します。
    【押し方】 足の甲部分。人差し指と中指の骨の間の付け根を探します。親指の先をツボにあて、押しながらもみほぐします。もう一方の足のかかとで踏むように押して刺激する方法もあります。
  4. 後頭部にある「風池(ふうち)」
    【効き目】 眼精疲労を和らげます。
    【押し方】 後ろ髪の生え際を指でなぞっていき、上を見ます。首と頭の付け根の部分に風池のツボがあります。両手で頭を抱えるように親指でツボをゆっくり押していきます。ツボの前後も押しながらもみほぐします。

②蒸しタオルで血行の促進

蒸しタオルは、ほどよく温かな蒸気で目をいたわることができます。眼精疲労となった目は、筋肉が疲れ弱っている状態。血行を良くすることで筋肉の緊張がほぐれてきます。また、皮膚の血行もよくなって、蒸気の水分によって潤いで満たされます。まぶたの皮膚を刺激しない柔らかなタオルやガーゼを使用すると良いでしょう。温度は熱さが負担にならない40度前後にしましょう。

③目薬&目を休める仮眠

パソコンやスマホなどで目が疲れたら、目を閉じて休ませること。特別なマッサージなどをしなくても、これが一番、まぶたの筋肉を休めることができます。疲れ目に効く目薬なども利用すると必要な栄養成分を補えて良いでしょう。目薬の効果で忘れてならないのは、かゆみや違和感を抑える作用です。かゆみや違和感によって無意識にまぶたをさわることを避けることができます。まぶたはこすらなければ、たるみにくいと言えます。

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

     

数ある美容外科施術の中でも、たるみの治療を専門的に行う六本木境クリニック。たるみ治療の専門家として、カウンセリングや手術を担当するのが、院長である境隆博です。多くの経験からなる知識を美容医療業界の技術発展に貢献させるべく、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動しています。
患者さんの意思や利益を尊重し、美容施術を積極的には推奨しない姿勢を基本としています。お悩み相談はメールフォームにて直接受け付けていますので、ぜひご相談ください。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員
美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員
【学会・講演での発表】
『眉毛下皮膚切除630例の経験』第61回 日本形成外科学会総会・学術集会
『眉毛下皮膚切除675例の経験から 上眼瞼形成術との違い』第132回 日本美容外科学会学術集会
『眉毛下皮膚切除657例の経験』第106回 日本美容外科学会JSAS
『きれいな傷跡 傷跡を目立たせない眉毛下皮膚切除術』第8回 JAAS東京ライブフォーラム講演

境先生が推奨する
まぶたのたるみ治療とは

   

メールフォームから直接相談する
※別ページが開きます