なぜ自然に見える?六本木境クリニックのまぶたたるみ治療

※本サイトで提供しているすべての情報は、六本木境クリニック・境 隆博院長の見解によるものです。

まぶたのお悩み解体新書 » なぜ自然に見える?六本木境クリニックのまぶたたるみ治療

たるみ治療の専門家 堺医師が
推奨するまぶたの治療方法は
『眉下切開』

たるみを根本から解決する唯一の治療方法

効果と安全性を重視するのならば眉下切開を選んでください

結論からいってしまえば、わたくしが推奨する治療方法は「眉下切開」です。眉下切開以外のまぶたの手術は、目じりのたるみやしわを悪化させる傾向にあるからというのがその理由です。 しかしながら一般的に、眉下切開は目じりのしわ・たるみについて、あまり肯定的な意見を見かけません。その理由は眉下切開では眉毛から大きく外側にはみだして切らなければ目じりのしわやたるみまでは取れないだろうと言ったものです。
しかし本当にそうでしょうか?眼輪筋と言う筋肉は目周りをグルリと取り囲んでいます。そのため目じり側に大きく切開線を伸ばさなくても、上手く眉下切開を行うと目じりのしわやたるみが激減するのです。

そもそも眉下切開(眉下リフト)とは

眉毛の下の部分の皮膚を切り取って縫い縮める方法

眉下切開は眉毛の生えているあたりから、眉毛の下の部分にかけて皮膚を切り取って縫い縮めるまぶたのたるみ取り手術の方法です。眉下切開では特に外側中心にまぶたの厚い皮膚を大量に取ることが可能です。 まぶたのたるみが気になっている多くの人では特にまぶたの外側から目じりのたるみが気になっているようですので、眉下切開がたるみを1番効率よく取る方法だと言えます。
眉下切開ではまぶたの二重の部分や薄くてしなやかな皮膚に傷が付きません。従来のまぶたのたるみ取り手術である上眼瞼形成術のような、表情の乏しい人工的な整形顔になりません。

眉下切開は安全面でも優れた施術

まぶたの機能で1番大切なものは、目を守るという機能です。眉下切開では、まぶたの手術の中では最も目から遠い部分の手術ですので、目に対する影響が少ないと言えます。

糸で留めるような方法は、まぶたの裏側の結膜と眼球と接触する部分がよれ、ひずんでしまいます。違和感がある期間が長い場合があり、目に対する影響も示唆され、眼科の先生方の多くは反対していると聞きます。最近では眼瞼下垂の手術(挙筋前転)などで、まぶたの奥を広範囲に剥離されると、まぶたが固くなり目を圧迫したり、まぶたの奥の固い傷跡(瘢痕)のため、重みや違和感が長期に持続することがあるという意見も出てきました。

眉下切開の欠点としては従来から言われているのは、傷あとが目立つと大変だと言うこと。上まぶたの傷あとは他の部位よりも、人から見て目立つ部分です。そして、眉毛の内側の傷あとが目立つと特に悲惨ですので、この部位にキズを付けることができる医者は少ないのが現状です。そのため外側中心に皮膚切除を行われ、眉下切開を受けたあと、外側に向かってまぶたが思いっきり引っ張られている人が多く見られます。

六本木境クリニックで行っている
眉下切開手術の工夫

わたくしは12年前に眉下切開をはじめてから、特に傷あととまぶたの外側方向へのヒキツレについて工夫を重ねてきました。現在は安定して、同じ方法で眉下切開を行い続けています。

眉下切開(眉下リフト)の症例が多いため、他院で眉下切開を受けた方からの修正の相談もあります。患者さんからよくきかれるのは、「跡がキレイになるのか」です。こちらについては、自信を持って「できます」と答えられます。それが六本木境クリニックの眉下切開です。

傷跡をキレイに仕上げるために
2時間かけて手術を行う

眉下切開はどれだけ眉毛に切り込んでも、毛包斜切断法が上手く行かないと、毛根が死ぬため眉毛が抜けて白い線状瘢痕や溝となって目立ちます。眉毛から傷が離れるのではなく、傷から眉毛が抜けながら離れて行く状態です。

他院で眉下切開(眉下リフト)を受けた人の中には、まぶたの外側だけを切り取られたために外側に向かって引っ張られて、引き連れて変な線が入っている方や、眉毛と大きく離れた傷跡の方をたくさん見かけました。また、毛包斜切断を上手く行えていなくて、ニキビ状のデコボコになっていることも…。そのようなことにならないために、眉下切開(眉下リフト)の方法を詳述します。

眉毛に沿った眉毛全長切開によって、患者さんやその周りの人が「その人の眉毛」だと感じる雰囲気に仕上げること、そして毛包斜切断によって傷跡から毛が生えるようにすることが大切です。

まず眉毛を描いている方には、手術当日に眉毛を描いてきてもらい参考にします。眉毛に沿った傷跡は曲線で弧を描くような傷跡は、トラップドア変形(飾り窓変形)という変形を生じやすい形です。このトラップドア変形を警戒しすぎて、直線状の傷跡や眉毛の形が変になっている他院症例が多くみられます。わたくしの毛包斜切断法は、かなり極端に斜めに切ります。斜めに切れば切るほど、睫毛側の皮膚は薄くなり眉毛側の分厚い皮膚の上に乗りあがりやすくなりますが、この対策のために睫毛側の非常に薄い皮膚を1、眉毛側の分厚い皮膚を9の比率で糸をかけて縫うのです。どう考えても逆の方がずっとずっとやりやすいですので。ちょっと気を抜くと睫毛側の極薄の皮膚がちぎれて、ギザギザになってしまいます。

また、睫毛側の皮膚は薄くてペラペラなので、皮膚がクルっと内側にロール状に巻き込まれて、アテロームやミリウムと言ってニキビ状のできものができてしまいます。この対策としてはエバートと言って、皮膚をわずかに翻転させながら縫わないとなりません。全体のバランスとしてはローテーションフラップ(回転皮弁)と言って、眉頭側ほど内側に移動させるようにして縫います。

手術用照明を何度も消して目を開けてもらいまぶた全体のバランスを見ながら、何度もやり直すことがあります。通常30分程度と言われている同手術を、六本木境クリニックでは2時間もかけて行っている理由が、ここにあるのです。

眉毛全長切開による
ローテーションフラップ(回転皮弁)方式

一般的によく行われている、眉毛の毛根にそった皮膚切開法では、どれだけ眉毛に切り込んで眉毛がほとんどなくなったとしても、眉毛から離れた傷あとになって目立つことが多いようです。まるで眉毛からキズがだんだん離れて行くように見えるのですが、縫合の際眉毛の毛根が傷つき、本当は傷あと付近から眉毛が抜けて離れていってしまうため、眉毛から離れた傷あととなるのです。

眉毛の毛根を斜め切りする方法(毛包斜切断法)で皮膚切開を行うと、かえって眉毛の毛根が残ることになり、術後、傷あとの部分や傷あとの下側から発毛するので傷跡が目立ちにくくなります。そのため、毛包斜切断法による眉下切開手術を受けた患者さんからは、「だんだん傷跡が見えなくなりました」と言われることが多いです。

眉下切開と言う手術は、傷あとさえ目立たなければ、適応がものすごく広く、今まで行われてきた多くの手術や施術を凌駕し置き換わるかもしれないポテンシャルを秘めています。

わたくしは眉下切開の傷跡について特に強いこだわりと自信を持っています。眉下切開後の傷あとが自分でも気にならないと言われることが多く、傷跡どころか、キズでも他人からバレたと言われることは非常にまれです。当院スタッフは1人を除く全員が希望してこの手術を受けています

最後に~美容外科手術の考え方

10代の方から90代の方まで、誰でも一定以上の効果を得られる眉下切開と言う手術。ですが、そこは美容手術ですから受けた方がいいなんて言えませんし、「絶対に必要な人」はいないと考えています。顔にメスを入れる、そのために大きな金額を支払う、そのことをよくよく考えて悩んで、場合によっては複数院に相談に行ってから受けていただきたいです。悩んだ挙句に受けないことも、悪いことではありません。

唯一の例外はまぶたの手術を受けたことがある人です。他院眉下切開後の修正や二重切開法・埋没法・眼瞼下垂の手術など二重ラインでの手術を受けたことがある人の眉下切開はなかなか良い結果が出づらく、手術を受けたことがない人の眉下切開手術ほどには上手く行きません。その分、初回手術を行う医師の責任は非常に重いと言えますし、受ける人も「まるで睫毛エクステを付ける」ような雰囲気で受けてはいけません。

一度でも手術を受けてしまうとたとえ埋没法ですら完全に元に戻すことは不可能ですので、しばらく悩んで悩んで結局手術を受けないことは悪いことではありません。美容外科手術には手遅れはありませんし、必要な美容外科手術などこの世にはありません。数年経つと気分や好み、流行が変わることもありますので、今受けずに我慢することは良いことです。そして、特に流行や気分に左右されやすい幅広二重や平行型二重はできればやめた方が良いと思います。

ご質問・お問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ
03-6441-0691

□■□ ここで紹介している「眉下切開」の費用や施術時間、リスク等について □■□

【眉下切開】
一般的な眉下切開の費用目安:30万円~40万円
※施術方法や症状によって変動しますので、詳しくはクリニックへご相談ください
施術時間:120分程度
手術日以外の通院:抜糸(7〜14日前後)
ダウンタイム:1週間~2週間程度。
アイメイク以外は当日より可能。アイメイクは抜糸の翌日より可能。
リスク:比較的多いものとして内出血・腫れがある。筋肉・脂肪などを取る場合には痛みやしびれ・違和感などの神経症状が出る場合がある。筋肉・脂肪などをとらない場合には極めてまれ。

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

     

数ある美容外科施術の中でも、たるみの治療を専門的に行う六本木境クリニック。たるみ治療の専門家として、カウンセリングや手術を担当するのが、院長である境隆博です。多くの経験からなる知識を美容医療業界の技術発展に貢献させるべく、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動しています。
患者さんの意思や利益を尊重し、美容施術を積極的には推奨しない姿勢を基本としています。お悩み相談はメールフォームにて直接受け付けていますので、ぜひご相談ください。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員
美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員
【学会・講演での発表】
『眉毛下皮膚切除630例の経験』第61回 日本形成外科学会総会・学術集会
『眉毛下皮膚切除675例の経験から 上眼瞼形成術との違い』第132回 日本美容外科学会学術集会
『眉毛下皮膚切除657例の経験』第106回 日本美容外科学会JSAS
『きれいな傷跡 傷跡を目立たせない眉毛下皮膚切除術』第8回 JAAS東京ライブフォーラム講演

境先生が推奨する
まぶたのたるみ治療とは

   

メールフォームから直接相談する
※別ページが開きます