※本サイトで提供しているすべての情報は、六本木境クリニック・境 隆博院長の見解によるものです。

まぶたのお悩み解体新書 » 美容外科でできるまぶたのたるみ治療 » 眉下切開 » 眉下切開のメリットとは?

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

美容外科「六本木境クリニック」院長。たるみ治療の専門家として、カウンセリングからアフターケアまで一貫して担当。また、美容医療業界の技術発展を目指し、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動中です。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員/美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員

眉下切開の目的は、まぶたのたるみを解消させること。まぶたのたるみを解消することで、アンチエイジング効果を狙ったり、目を大きくする効果を狙ったりするのが、眉下切開の目的です。

一方で、まぶたのたるみを解消させる施術には、眉下切開のほかにも複数の方法があります。いずれの方法にも一定の効果は期待できますが、眉下切開に比肩するほどのメリットを感じられません。

目元のたるみを自然に解消させたい方には、眉下切開が最良の方法と考えられます。以下、眉下切開のメリットを見てみましょう。

スッキリと自然に仕上がる

まぶたのたるみを解消させる方法には、眉下切開のほかにも、眼瞼下垂手術や埋没法(糸で結んでたるみを取る方法)などがあります。確かに、眼瞼下垂でも埋没法でも、ある程度はまぶたのたるみを取ることができるでしょう。ただし、仕上がりが整形顔になる可能性がある点に要注意です。

眼瞼下垂手術も埋没法も、まぶたの二重付近のたるみ自体に施術を加える方法です。よって、もとのまぶたの二重構造に手を加える形となるため、どうしても見た目の違和感が生じてしまいます。

一方で眉下切開は、まぶたの二重付近に一切手を加えない手術です。よって、施術を受ける方のもとの目元の印象を残したまま、まぶたのたるみを解消させることができます。まぶたをスッキリとさせつつ自然な仕上がりを目指すのであれば、眉下切開がベストな方法となるでしょう。

まぶたの繊細な部位を触らずに手術ができる

眼瞼下垂手術や埋没法によるたるみ治療は、眼球の近くの繊細な場所で行う手術です。よって、レアケースではありますが、眉下切開に比べて手術に伴うリスクが高いことを承知しなければなりません。

術後の状態にも注意が必要です。眼瞼下垂手術を受けた方の中には、術後にまぶたの奥が癒着して重みを感じたり、術後の違和感が長期間にわたって残ってしまったりする人が少なくないとされています。また眼科医の多くは、埋没法による眼球への悪影響を指摘しています。

一方で眉下切開の場合は、目から離れた位置にメスを入れる手術のため、手術中の眼球へのリスクは、ほとんどありません。当然ながら、適切に行われた眉下切開では術後、眼球に何らかの影響が残ることはあり得ません。眼球への安全性の観点から考えても、眉下切開は優位な施術と言えるでしょう。

おでこのしわ取りにも効果が期待できる

目の開きにくさが、おでこのシワの原因になることがあります。まぶたのたるみなどが原因で目を開きにくくなると、視界を確保するために、無意識に前頭筋(おでこのにある筋肉)でまぶたを上に吊り上げます。この結果、おでこにシワが発生。これが習慣化することで、おでこのシワが定着してしまいます。

眉下切開を受けることで、まぶたのたるみが解消されるため、前頭筋に力を入れずとも十分な視界が確保することが可能。この状態が長く続くことで、おでこのシワが改善していくことでしょう。

もちろん、この理屈は眼瞼下垂手術や埋没法にも当てはまります。まぶたのたるみを解消させることで、おでこのシワの解消も期待できる点を理解しておきましょう。

医師の技術次第でくぼみ改善も可能

まぶたのたるみはもちろんですが、まぶたのくぼみもまた、老け顔の原因の一つとなります。

まぶたのくぼみは、まぶたのたるみや前頭筋(おでこのにある筋肉)でまぶたを上に吊り上げることが原因で生じることが多いようです。よって、たるみを解消させれば、まぶたの皮膚がテント状にピンと張ったり、おでこの前頭筋の力が抜けてくぼみも同時に解消することがあります。

また、まぶたのくぼみは腱膜性眼瞼下垂により眼窩脂肪がまぶたの奥へと移動することによっても起こります。眼瞼下垂手術や埋没法でも、おでこの前頭筋の力が抜けることともあり、まぶたのたるみとともにくぼみを解消させることができることが知れています。その一方、眉下切開でくぼみまで解消させることができることについてはあまり知られていません。なぜならば、眼瞼下垂手術や埋没法は、まぶたのくぼみに対して昔から行われていた施術ですが、手で眉毛を吊り上げるような眉下切開のシミュレーションによってくぼみが悪化するため、眉下切開はくぼみ目には向かないと言われ続けてきました。

でも、眉下切開は、まぶた全体を広範囲かつ自然に元の姿へ戻す治療法です。効果の及ぶ範囲を考えれば、たるみと同時に、くぼみが解消されても不思議ではありません。

ただし眉下切開は、医師の技術力によって仕上がりが大きく異なります。特に、傷跡を残さないよう手術をするためには、医師に高いレベルの技術力が要求されます。たるみとくぼみを同時に解消し、かつ傷跡の残らない自然な仕上がりを目指すならば、医師の技術力に注目してクリニック選びをすべきでしょう。

頭痛・肩こりや腰痛などの改善にも効果がある

まぶたを動かす筋肉にはミュラー筋と眼瞼挙筋という2つの筋肉がありますが、これらのうちミュラー筋は全身の筋肉と連動しています。

ミュラー筋が緊張すると、額から頭、首、肩、背中、腰という順で連鎖的に緊張が拡大。その結果、肩こりや腰痛、めまい、頭痛などの症状を自覚することがあります。これらの症状が長期的に続いてしまうことで、不眠や便秘、倦怠感、冷え性、うつなどの症状へと派生するケースも見られるようです。

眉下切開を受ければ、まぶたのたるみが解消されるため、ミュラー筋を過剰に緊張させることはなくなります。筋肉の緊張の連鎖も軽減されることから、まぶたのたるみに起因した様々な全身症状の改善も期待できることでしょう。

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

     

数ある美容外科施術の中でも、たるみの治療を専門的に行う六本木境クリニック。たるみ治療の専門家として、カウンセリングや手術を担当するのが、院長である境隆博です。多くの経験からなる知識を美容医療業界の技術発展に貢献させるべく、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動しています。
患者さんの意思や利益を尊重し、美容施術を積極的には推奨しない姿勢を基本としています。お悩み相談はメールフォームにて直接受け付けていますので、ぜひご相談ください。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員
美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員
【学会・講演での発表】
『眉毛下皮膚切除630例の経験』第61回 日本形成外科学会総会・学術集会
『眉毛下皮膚切除675例の経験から 上眼瞼形成術との違い』第132回 日本美容外科学会学術集会
『眉毛下皮膚切除657例の経験』第106回 日本美容外科学会JSAS
『きれいな傷跡 傷跡を目立たせない眉毛下皮膚切除術』第8回 JAAS東京ライブフォーラム講演

境先生が推奨する
まぶたのたるみ治療とは

   

メールフォームから直接相談する
※別ページが開きます