眉下切開でやってはいけないことって?

まぶたのお悩み解体新書 » 美容外科でできるまぶたのたるみ治療 » 眉下切開 » 眉下切開でやってはいけないことって?

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

美容外科「六本木境クリニック」院長。たるみ治療の専門家として、カウンセリングからアフターケアまで一貫して担当。また、美容医療業界の技術発展を目指し、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動中です。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員/美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員

目のたるみの治療として最近人気の眉下切開。目のたるみや開けにくさを改善するのに人気の施術です。眉下切開をするにあたって、やってはいけない眉下切開の切開の方法があるというのを知っていましたか?

最近では美容外科が一気に増えてきており、医師の技術のレベルも様々で、眉下切開の方法もそれぞれの医師やクリニックによって異なります。これまで大きな病院で全く目の近くの手術をした経験がないにも関わらずいきなり美容のクリニックに転職して、その医師が眉下切開の手術を行っているような病院もあるので、病院選びは非常に重要です。もちろん傷跡をゼロに、まったく見えない状態にするということは難しいですが、手術をした後の傷跡がいかに目立たなくキレイであるかというのは、患者さんにとって非常に重要なポイントとなってきます。

眉下手術の切開をして目のたるみや開けにくさが解消されても、傷跡が目立ってしまうと次はその傷跡が気になって新たな悩みやコンプレックスの原因につながってしまいます。経験の浅い医師の眉下切開の手術を受けた場合、その傷跡の修正をするためにさらに費用や時間を費やすことにもなりかねません。ここでは眉下切開でやってはいけない切開について、詳しくまとめていきます

眉毛の下に沿って切ってはいけない!

眉下切開というのは眉毛の下に沿って切ることだと思っている人もいるのではないのでしょうか?眉毛に切り込まないと、眉毛から下に外れた傷跡となって、どうしても傷跡が目立ってしまいます。

眉下切開では毛包斜切断法でなければ傷跡から毛が生えないので、傷跡が目立ってしまいます。毛包斜切断法は高度な技術を必要とする切開の方法で、多くの経験を積んだ医師でないとこの手技で手術を行うのは難しいです。この毛包斜切断法は眉毛の部分を斜めに切断する手術のやり方のことで、毛根を傷つけることなく手術を行うことができます。医師の技術がなく、毛包斜切断法が上手く行かなかった場合、傷の近くの毛根がダメージを受けて、術後に眉毛が抜けてしまいます。そして、眉毛が少なくなれば少なくなるほど、傷跡は目立ってしまいます。

ウィッジインシジョンで切ってはいけない?

毛根を傷つけないように毛根に沿って切る方法のことをウィッジインシジョン(wedge incision)と表現する場合があるそうですが、眉下切開で傷跡がなるべく目立たない切開の方法である毛包斜切断法はできるだけ多くの毛包を切断する方向に切ります。そのためこのウィッジインシジョン(wedge incision)という毛根を傷つけないように毛根に沿って切る方法は、毛包斜切断とほとんど反対方向に切開する方法ということになります。

本当に傷跡をキレイにすることを重視して行う毛包斜切断法では毛包を切断することこそがとても大切です。斜めに切断した毛包の上に薄い皮膚を載せて縫合することによって、傷から眉毛が生えてくることが、毛包斜切断法のメリットです。傷から眉毛がきちんと生えることによって傷跡が目立たなくなります。

毛包を傷つけないような方向に切るウィッジインシジョン(wedge incision)だと、傷周囲の毛根がダメージを受けて、眉毛が抜けて、眉毛から下に離れた傷跡となって、傷跡が目立ってしまいます。

L字型に切ってはいけない?

L字型のような変わった形に切る医師もいるようてすが、そのような変わった形の傷跡というのは、他人に気づかれやすいです。とくに眉下切開は目の近くの傷跡で人の目が行きやすい場所で、ただでさえ気づかれやすいので、なるべく傷跡を目立たなくするためには、医師の高度な技術が必要となります。

他のクリニックで眉下切開を行い、眉頭をL字型に切られて傷跡が目立ってしまったという相談に来た人たちの傷跡はとても目立ってしまっています。化粧をしてもアートメイクをしてもL字型に切った傷跡はなかなか隠すことができません。L字型に切ったことによって、眉頭が不自然に目立ってしまい、一昔前の眉毛のような印象を与えてしまいます。

眉下切開の傷跡えをなるべく目立たせないためには、患者さんに普段通りに眉毛を描いてきてもらって、そのデザインをもとに毛包斜切断法を上手く行うことで、さらに傷跡が目立たなくなり、患者さんの満足度の高い手術を行うことができます。

眉下切開で眉毛の外側だけたくさん切ってはいけない?

眉毛の外側だけ皮膚を切ったり、外側に偏った切り方をすると、まぶたが外側に引っ張られてしまい、それによってひきつれて変な線が入るようになったり、吊り目になったりと目の形やその人の目の印象が変わってしまいます。また、眉毛の外側の線がシワのようにみえて、老けた印象を与える原因にもつながります。

眉毛の外側を眺めに切ったことによってできる不自然な線は、通常は目立たないのにまばたきをしたときだけに出現するという場合もあるため、自分で気付いていないのに不自然な線が周りの人に気づかれてしまうということになりかねません。

切開の方法だけではなく縫合も重要

PDSなどの吸収糸(溶ける糸)だと傷が目立たないと勘違いしている人も多いですが、吸収糸で真皮縫合や中縫いを行うと、糸が溶けるとともにキズが幅広く広がってしまいます。そのため、ナイロンなどの溶けない糸で真皮縫合や中縫いを行なった方が傷跡はキレイになります。また溶ける糸だからといって、PDSの太い糸で真皮縫合を行う医師もいますが、傷跡が凸凹する原因になるのでおすすめできません。糸が溶けたら凸凹が良くなると説明を受けることもあるそうですが、なかなかキレイにならなかったという声も多く聞かれませす。

また、縫合をするときの縫い方にはいくつか種類があるということを知っていましたか?1針1針結んでいく結節縫合と、連続で続けて縫合をする連続縫合という縫い方があります。眉下切開のように長い傷を縫合する場合は連続縫合だと縫合にかかる時間が短くて済みますが、なにかトラブルがあったときに1針だけ抜糸するということができません。また、縫合の強さの調整をするのが結節縫合よりも難しく、結び方がゆるいと浸出液が漏れたり、強く締めすぎると傷跡の血流が悪くなって傷がキレイに治らない原因になります。例え連続縫合を行うことが時間の短縮につながるとしても、連続縫合ではなく1針1針丁寧に縫う結節縫合をしてくれる病院で手術をする方がおすすめです。

       

たるみ治療ドクター
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

       

たるみ治療に真摯に取り組む六本木境クリニック

     

数ある美容外科施術の中でも、たるみの治療を専門的に行う六本木境クリニック。たるみ治療に真摯に取り組み、カウンセリングや手術を担当するのが、院長である境隆博です。多くの経験からなる知識を美容医療業界の技術発展に貢献させるべく、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動しています。
患者さんの意思や利益を尊重し、美容施術を積極的には推奨しない姿勢を基本としています。お悩み相談はメールフォームにて直接受け付けていますので、ぜひご相談ください。
【資格・所属学会】
日本形成外科学会専門医/日本アンチエイジング外科学会評議員
美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員
【学会・講演での発表】
『眉毛下皮膚切除630例の経験』第61回 日本形成外科学会総会・学術集会
『眉毛下皮膚切除675例の経験から 上眼瞼形成術との違い』第132回 日本美容外科学会学術集会
『眉毛下皮膚切除657例の経験』第106回 日本美容外科学会JSAS
『きれいな傷跡 傷跡を目立たせない眉毛下皮膚切除術』第8回 JAAS東京ライブフォーラム講演

【クリニックお問い合わせ電話番号】
03‐6441‐0691
   

境先生が推奨する
「眉下切開」とは

   

メールフォームから直接相談する
※別ページが開きます