sponsored by 六本木境クリニック

※本サイトで提供しているすべての情報は、六本木境クリニック・境 隆博院長の見解によるものです。
本サイトでは、たるみ治療を専門的に対応しているクリニックに勤めている医師のことをたるみ治療の専門医と定義しています。

まぶたのお悩み解体新書 » まぶたが"たるむ"ってどういうこと? » まぶたをたるませるNG習慣 » コンタクト

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

美容外科「六本木境クリニック」院長。たるみ治療の専門家として、カウンセリングからアフターケアまで一貫して担当。また、美容医療業界の技術発展を目指し、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動中です。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員/美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員

コンタクトを使用している人のまぶたはたるみやすい?!

コンタクトは視力が悪い人にとって欠かせないものですが、コンタクトを使用している人は使用していない人と比べると、まぶたがたるんでしまうリスクがとても高いということを知っていましたか?加齢とともに、まぶたのたるみや眼瞼下垂に悩む人は増えていきますが、その中でもとくにコンタクトを使用している人は注意が必要です。一昔前に比べて、コンタクトを使用している人の割合は増えてきています。そのため、今後まぶたのたるみや眼瞼下垂に悩む人は増えていくと考えられます。

どうしてコンタクトの人はたるみやすいのでしょうか

  1. 目の周りを引っ張る機会が多いから
  2. 目をこすることが多いから

コンタクトの取り外しをするときに、目を見開くために目の周りの皮膚を手で引っ張っります。その行為を毎日繰り返すことで、目を開けるときに使う筋肉がダメージを受けて、まぶたのたるみや、眼瞼下垂の原因になると考えられます。

コンタクトの取り外しをするときに、目を見開くために目の周りの皮膚を手で引っ張っります。その行為を毎日繰り返すことで、目を開けるときに使う筋肉がダメージを受けて、まぶたのたるみや、眼瞼下垂の原因になると考えられます。

コンタクトを使用する人が注意すること

視力が悪い人がコンタクトを使うのを辞めることは難しいですよね。まぶたのたるみや眼瞼下垂を少しでも予防するために、コンタクトを使用する人はどのようなことに気を付けていけばよいのでしょうか?

  1. 上のまぶたを極力引っ張らない
    上のまぶたにある眼瞼挙筋がまぶたを開けるときに大きな役割を果たしています。コンタクトのつけ外しを行うときに上のまぶたを引っ張るとその眼瞼挙筋にダメージを与えてしまうのです。そのため、コンタクトのつけ外しを行うときには上のまぶたはあまり引っ張らないように気をつけて、下のまぶたを引っ張って目を開いてからコンタクトのつけ外しを行うようにしましょう。
  2. 目をこすらない
    コンタクトをつけていることによって目の中で炎症が起こりやすく、目がかゆくなりやすいです。また砂やゴミなどの異物が入ったときに、コンタクトをつけているとなかなか取れにくいので、ついこすってしまいます。アレルギーや花粉症でかゆいときには、抗アレルギー薬を内服したり、アレルギー用の点眼薬を使用してなるべくこすらないように気を付けましょう。また、乾燥も目がかゆくなる原因になります。とくに冬は乾燥しやすく、暖房を使用するとさらに乾燥しやすくなってしまうので、点眼をしてしっかりと肌だけではなく目の保湿も意識して行うようにしましょう。
  3. コンタクトをしっかり洗浄する
    コンタクトがきちんと洗浄できていないと、コンタクトを付けたときに、コンタクトについている異物がそのまま目に入ってしまうので、それによって目をこすってしまったり炎症が起きてしまいます。また、コンタクトに花粉や埃がついていると、アレルギー反応で目がかゆくなってしまうことも考えられます。しっかりとコンタクトを洗浄して保管しましょう。毎日洗浄するのが面倒くさいという人は1DAYタイプのコンタクトの使用がおすすめです。2WEEKなどに比べると1DAYの方がコンタクトの値段はやや値段は高くなりますが、将来目のたるみや眼瞼下垂を引き起こしてしますと治療にもお金がかかるので、コンタクトをきちんと洗浄して管理するのが難しそうな人はその方がおすすめです。
  4. 点眼をする
    コンタクトをつけていることによって目の中で炎症が起こりやすく、目がかゆくなりやすいです。また砂やゴミなどの異物が入ったときに、コンタクトをつけているとなかなか取れにくいので、ついこすってしまいます。アレルギーや花粉症でかゆいときには、抗アレルギー薬を内服したり、アレルギー用の点眼薬を使用してなるべくこすらないように気を付けましょう。また、乾燥も目がかゆくなる原因になります。とくに冬は乾燥しやすく、暖房を使用するとさらに乾燥しやすくなってしまうので、点眼をしてしっかりと肌だけではなく目の保湿も意識して行うようにしましょう。
  5. 度数の合ったコンタクトを使用する
    最近、ネットなどでコンタクトを購入して眼科に行かないという人もいるそうですが、これも目にはよくありません。定期的に検診を行うことによって、適正な度数のコンタクトをつけることができます。度数の合っていないコンタクトをつけることが眼精疲労の原因になってしまうので、それによってまぶたのたるみや眼瞼下垂がおきてしまいます。自己判断でコンタクトを購入するのではなく、眼科で検診を受けたうえでコンタクトを購入するようにしましょう。
       

たるみ治療ドクター
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

       

たるみ治療に真摯に取り組む六本木境クリニック

     

数ある美容外科施術の中でも、たるみの治療を専門的に行う六本木境クリニック。たるみ治療に真摯に取り組み、カウンセリングや手術を担当するのが、院長である境隆博です。多くの経験からなる知識を美容医療業界の技術発展に貢献させるべく、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動しています。
患者さんの意思や利益を尊重し、美容施術を積極的には推奨しない姿勢を基本としています。お悩み相談はメールフォームにて直接受け付けていますので、ぜひご相談ください。
【資格・所属学会】
日本形成外科学会専門医/日本アンチエイジング外科学会評議員
美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員
【学会・講演での発表】
『眉毛下皮膚切除630例の経験』第61回 日本形成外科学会総会・学術集会
『眉毛下皮膚切除675例の経験から 上眼瞼形成術との違い』第132回 日本美容外科学会学術集会
『眉毛下皮膚切除657例の経験』第106回 日本美容外科学会JSAS
『きれいな傷跡 傷跡を目立たせない眉毛下皮膚切除術』第8回 JAAS東京ライブフォーラム講演

【クリニックお問い合わせ電話番号】
03‐6441‐0691

境先生が推奨する
まぶたのたるみ治療とは

   

メールフォームから直接相談する
※別ページが開きます