六本木境クリニック監修 まぶたのたるみ専門メディア » まぶたが"たるむ"ってどういうこと? » 偽眼瞼下垂

まぶたのたるみ専門医
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

美容外科「六本木境クリニック」院長。たるみ治療の専門家として、カウンセリングからアフターケアまで一貫して担当。また、美容医療業界の技術発展を目指し、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動中です。
【資格・所属学会】
形成外科学会専門医/アンチエイジング外科学会評議員/美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員

偽眼瞼下垂について詳しく知ろう!

しっかりと開けようと思って頑張れば開くのですが、まぶたの皮ふがたるんでしまい覆いかぶさって開けずらい状態のものを「偽眼瞼下垂」といいます。眼瞼下垂のように神経や筋肉、腱の異常がないのですが、「まぶたが重く開けづらい」といった眼瞼下垂と似たような症状をもつため、そのように呼ばれます。

偽眼瞼下垂の原因は?

偽眼瞼下垂の原因は以下のようにいくつか分けられます。

偽眼瞼下垂の治療は?

上記のように偽眼瞼下垂はさまざまな原因がありますので、それぞれの症状によって適切な治療方法を選択する必要があります。一般的な流れとしましては、単純に皮ふがたるんでいるのか、それともほかの病気が原因なのかを検査することから始めて、治療のプランを立てます。

例えば、まぶた自体のたるみの場合で軽度な場合は「埋没法」。一方で重度な場合は、「切開重瞼(せっかいじゅうけん)」を行うこともあります。また、おでこのたるみが原因の場合は、「ブローリフト」といって眉毛の上のたるんだ皮膚を切除する方法もありますし、おでこ全体のたるみが原因だと「前頭部リフト」と言う方法もあります。

偽眼瞼下垂を放置すると?

偽眼瞼下垂を放置すると、目が開きにくい状態だと肩こりや頭痛を引き起こすこともあります。そのほか、猫背や腰痛、瞼を開ける筋肉にストレスを与えることにもなりますので、早めの医療機関への相談が良いでしょう。

お問い合わせはこちらから
※ご予約やご予約についてのお問い合わせは「お電話」にて承っております。
再診、手術のご予約、その他お問い合わせ

03‐6441‐0691

カウンセリング予約専用ダイヤル

080-7734-3655

※パニック障害など精神疾患や膠原病・腎不全など重度内科疾患の手術はお断りすることがあります。

月・火・木・金 11:00~18:30
土・日・祝祭日 10:00~17:30
水曜日は休診日となります。