【BlackJork 眉下の境】第9話:絶対はない

sponsored by 六本木境クリニック

※本サイトで提供しているすべての情報は、六本木境クリニック・境 隆博院長の見解によるものです。
本サイトでは、たるみ治療を専門的に対応しているクリニックに勤めている医師のことをたるみ治療の専門医と定義しています。

まぶたのお悩み解体新書 » 【BlackJork 眉下の境】漫画シリーズ » 【BlackJork 眉下の境】第9話:絶対はない
第9話:絶対はない|BlackJork眉下の境 どうしよう… もうずっと悩んでるよね?キレイになれるんだから早いちに絶対やった方がいいって! にゅっ 絶対必要、ということも手遅れ、ということもないのが美容外科手術です

引用元:六本木境クリニック https://roppongi-sakai-clinic.com/tattoo-blog/他院下腿刺青・タトゥー除去治療カウンセリング/

六本木境クリニック
境隆博医師から一言

多くの人が勘違いしていること。経験豊富な美容垢さん個人の話を参考にはしていいけど鵜呑みにしてはいけないということ。結果はその人自身のポテンシャルや運にも左右される。美容外科手術は病気やケガの治療と違って手遅れもなければ絶対やる必要もないので、数年悩んで結局受けないことは良いことです。

       

たるみ治療ドクター
六本木境クリニック

境隆博

監修者情報

       

たるみ治療に真摯に取り組む六本木境クリニック

     

数ある美容外科施術の中でも、たるみの治療を専門的に行う六本木境クリニック。たるみ治療に真摯に取り組み、カウンセリングや手術を担当するのが、院長である境隆博です。多くの経験からなる知識を美容医療業界の技術発展に貢献させるべく、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動しています。
患者さんの意思や利益を尊重し、美容施術を積極的には推奨しない姿勢を基本としています。お悩み相談はメールフォームにて直接受け付けていますので、ぜひご相談ください。
【資格・所属学会】
日本形成外科学会専門医/日本アンチエイジング外科学会評議員
美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員
【学会・講演での発表】
『眉毛下皮膚切除630例の経験』第61回 日本形成外科学会総会・学術集会
『眉毛下皮膚切除675例の経験から 上眼瞼形成術との違い』第132回 日本美容外科学会学術集会
『眉毛下皮膚切除657例の経験』第106回 日本美容外科学会JSAS
『きれいな傷跡 傷跡を目立たせない眉毛下皮膚切除術』第8回 JAAS東京ライブフォーラム講演

【クリニックお問い合わせ電話番号】
03‐6441‐0691

境先生が推奨する
まぶたのたるみ治療とは

   

メールフォームから直接相談する
※別ページが開きます