※本サイトで提供しているすべての情報は、六本木境クリニック・境 隆博院長の見解によるものです。

まぶたのお悩み解体新書 » まぶたのたるみのお悩みをドクター境が解決します » まぶたのアンチエイジング治療

「まぶたのアンチエイジング治療を受けたい!」

主な治療法は眼瞼下垂手術と眉下切開

目は口ほどにモノを言うと言いますが、加齢などの影響によってまぶたがたるんでくると、実年齢以上に老けた印象の顔になることがあります。

美容外科や形成外科では、まぶたのたるみを解消する目的でいくつかの治療法を用意していますが、その代表的な方法が眼瞼下垂手術と眉下切開。ここではまず、まぶたのたるみの症状や原因などを理解したうえで、これら治療法の概要やメリット・デメリットなどを解説します。

そのうえで、どの方法がまぶたのアンチエイジングに最適かを、境医師監修のもとで考えていきましょう。

まぶたのたるみのタイプを
ドクター境が解説!!

まぶたのたるみには主に4つのタイプがあります
たるみを含め、まぶたが加齢を感じさせる症状には、主に次の4つのタイプがあります。

タイプ1:たるみで二重幅が狭くなる

加齢とともにまぶたがたるんで来ると、徐々に二重の幅が狭くなってきたり、奥二重になってきたりすることがあります。

まぶたがたるんでくる直接的な原因は、まぶたの中のコラーゲンやエラスチンや、眼輪筋のゆるみ、靭帯や拳筋腱膜のゆるみなどです。これら原因に加え、まぶたへの刺激の蓄積なども遠因として挙げられるでしょう。
なおこの症状は、いわゆる眼瞼下垂とは異なります。よって、眼瞼下垂手術で自然な形に改善させることはできません。

タイプ2:重たいまぶたが垂れ下がる

もともと上まぶたの脂肪が厚かった人が、加齢などによって脂肪が垂れ下がってくることがあります。特に目尻に脂肪が乗るような形で垂れ下がることが多く、若いころに比べると、かなり老けた印象になってしまう例も少なくありません。
この症状を改善させる方法として、まぶたの脂肪取りを提案する医師もいますが、この手術は非常に難しい手術であることを理解しておいてください。脂肪を摂り過ぎると、まぶたにくぼみが生じ、かつ元に戻すこともできなくなります。

タイプ3:まぶたがシワシワになる

まぶたのたるみと一緒に現れることがある症状として、まぶたの横に入る深いシワがあります。症状が悪化するとシワに皮膚が乗って垂れ下がるなど、老化の象徴とも言えるまぶたになることもあります。
シワが生じると多くの人は保湿をメインとしたスキンケアを始めますが、スキンケアによってまぶたのたるみやシワを改善させることはできません。
クリニックで症状の原因を正確に診断してもらい、眼瞼下垂手術や眉下切開など、原因に応じた適切な処置を受ける必要があります。

タイプ4:まぶたにくぼみができる

たるみとは異なる症状ですが、眉毛の下あたりが大きくくぼんでしまう例が見られます。

主な原因は、靭帯や拳筋腱膜、眼輪筋などのゆるみ。ヒアルロン酸注入などによって症状の改善を図ることは可能ですが、薬剤の注入だけでは十分な効果を得られないことも現実です。
根本的な改善を図るためには、ゆるんだ部分を元の位置に戻す外科手術を受けるしかありません。

セルフケアでたるみが悪化することがあるので要注意

ネット上や雑誌などの一般情報の中には、加齢等によるまぶたのたるみのセルフケア法があふれています。スキンケア商品の使用やマッサージなどの方法です。
これら方法に頼ってまぶたのたるみの解消を試みる人もいるかもしれませんが、残念ながらまぶたのたるみはセルフケアでは解消しません。まぶたは繊細な構造なので、刺激を与えるほどに弾力を失い、かえってたるみが悪化することさえ考えられます。

また、高額な治療費をかけて美容外科で施術を受けた結果、たるみは取れたものの目元が不自然になってしまった、という事例も少なくないようです。
まぶたのたるみにお悩みの方は、自己流の方法で解消を図るのではなく、症例の豊富な信頼できるクリニックで相談することが一番。正しい方法で、確実なお悩み解消を目指していきましょう。

まぶたがたるんでしまう原因とは?

まぶたがたるんでしまう主な原因は加齢。以下、加齢も含めたまぶたのたるみの主要な原因を3つ確認しておきましょう。

まぶたのたるみの原因1:加齢

加齢にともない、体のあらゆる部分でたるみが生じます。皮膚などにハリが失われて、重力の影響で下へと垂れ下がる現象です。まぶたも体の一部である以上、下へと垂れ下がる現象を避けることはできません。

まぶたのたるみの原因2:刺激

まぶたの厚さは約0.6mm。非常に薄い組織のため、まぶたには、刺激に弱いという性質があります。まぶたをこすったりなど、日常におけるまぶたへの小さな刺激の蓄積が、加齢によるまぶたのたるみを加速させます。

まぶたのたるみの原因3:乾燥

まぶたには皮脂腺が少ないため、十分に水分を蓄積しておくことができず、乾燥しやすくなります。乾燥すると皮膚の弾力が失われていくため、少しずつまぶたは垂れ下がっていくことでしょう。

代表的なまぶたのアンチエイジング治療

まぶたのたるみの解消方法として、代表的なまぶたのアンチエイジング治療を3つ見てみましょう。「眼瞼下垂」と「眉下切開」です。

眼瞼下垂手術

眼瞼下垂とは、主に加齢が原因で上まぶたが垂れ下がる症状のこと。まぶたを上に引き上げている筋肉がゆるんでくることで、眼瞼下垂の症状が現れます。
治療法には複数ありますが、主に行われている治療法は、まぶたの皮膚・眼輪筋・脂肪などを外科的に除去する眼瞼余剰皮膚切除術など。なお、仕上がりの審美性を考慮せず、視野回復の機能性のみを目的に手術を受ける場合、眼瞼下垂手術は保険適用となります。

眉下切開

眉下切開とは、眉毛のラインに合わせて余分の皮膚を切除し、縫合することで上まぶた全体を上に引き上げる手術のこと。眉下リフト、などと呼ばれることもあります。
まぶたのアンチエイジング治療としてはメジャーな方法ですが、経験の乏しい医師が執刀すると、術後、傷口が目立ってしまう恐れがあります。クリニック選びには注意が必要です。

以上の2つのほかにも、ボトックス注射やまぶたの脂肪除去、埋没法、照射系治療、前頭リフト、眉上切開など、まぶたのアンチエイジング治療には様々な方法があります。

それぞれの治療法のメリット・デメリット

上でご紹介した3つのまぶたのアンチエイジング治療には、それぞれ、メリットとデメリットがあります。

眼瞼下垂手術のメリット・デメリット

メリット

眼瞼下垂手術の最大のメリットは、仕上がりの審美性にこだわらないならば、眼科や形成外科で保険診療として手術を受けることができる点です。この場合、手術の目的は「狭窄した視野の拡大」や「視野不良による肩こりなどの解消」などが目的となるため、たとえ仕上がりが不自然になっても、患者は不満を訴えることはできません。
もちろん、症状の程度や種類、執刀医の技術力によっては、保険診療でも自然な仕上がりを得られることもあります。

デメリット

二重ラインに沿って、まぶたの柔らかい部分を切除することになるため、術後は分厚くて固い皮膚で二重ラインが形成されることになります。結果として「腫れが引かない」と患者が誤認するような状態が、半永久的に続くことがあります。
また、切開痕の両端に皮膚の余りが生じる「ドッグイヤー」と呼ばれる症状や、まつ毛が上を向いてしまうことによる「ビックリ目」のような状態になることもあります。
なお、これらは決して手術の失敗ではなく、眼瞼下垂手術によって生じうる通常のリスクです。ネット上に多くの画像がアップされていますので、気になる方は確認してみてください。

眉下切開のメリット・デメリット

メリット

眉下切開の最大のメリットは、まぶたの余分な皮膚を完全に除去することが可能なことから、まぶたのたるみの根本的な解消になることです。技術力のある医師が執刀すれば、仕上がりはとても自然。もともと二重だった人は、かつてのきれいだった二重を取り戻すことができます。目尻が下がった三角目や、まぶたのくぼみも解消します。

デメリット

技術力や経験に乏しい医師が執刀した場合、目立つ傷跡が残ることがあります。まぶたが不自然に出っ張った感じに仕上がることもあります。そのため眉下切開は「医師の技術力によって差が出やすい手術」とされています。
眼瞼下垂手術に比べ、自然なたるみ解消効果を得られる眉下切開ですが、手術を検討する際には、執刀医の技術力・経験を十分に調べておく必要があるでしょう。
眉下切開を受ける年齢層が高い理由
ところで、上記の3つのまぶたのアンチエイジング治療のうち、一般に眉下切開は高齢者向けの治療法と言われています。その理由は、術後の傷口が目立つから、ということのようです。言い換えれば、「眉下切開は、多少の傷口を容認できるほどの年齢になってから受けるべき」との考え方です。

本当に眉下切開は傷口が目立つ手術?

眉下切開は、眉毛のラインに沿って皮膚を切除し、縫合するだけのシンプルな手術です。しかしながら、シンプルだからこそ医師による技術力の差が如実に現れることは否めません。
技術力の乏しい医師が執刀すれば、目頭から眉尻に向けて斜めのひきつれが生じることがあります。そうとは言え、ひきつれが生じない程度に切開幅を抑えてしまうと、十分なまぶたの引き上げ効果を得られません。これらジレンマの中で経験に乏しい医師が執刀すれば、目立つ傷跡が残ってしまう恐れがあるでしょう。
傷跡を目立たないようにしつつ、まぶたの自然な引き上げ効果を狙いたい人は、眉下切開の経験が豊富な信頼できる医師・クリニックを選ぶことが大切です。

ドクター境のコメント

かつて、眉下切開は年配の方に推奨される手術と言われていました。現在でも古い考えの医師の中には、若い方に眉下切開を勧めない医師もいるようです。
一方で私が執刀している六本木境クリニックでは、眉下切開を受ける患者さんの平均年齢は44.5歳です。もっとも若い例では10代の方に眉下切開を行った例もありました。
傷口を目立たせない方法を熟知しているならば、眉下切開は、年齢を問わず大半のまぶたのたるみを解消させられる万能な治療法と考えます。

眉下切開の基本情報

たるみの改善効果

大半のまぶたのたるみが解消します。医療機関で眼瞼下垂と診断された症例でも、眉下切開で自然に解消される例がほとんどです。まぶたのたるみの根治療法にもなるため、術後の効果は、半永久的に続くことが期待できます。

ダウンタイム

腫れや内出血などの程度には個人差があります。よって、ダウンタイムにも個人差があると考えてください。
一般には、術後3日ほど強い腫れをともないます。違和感のない状態になるまでに、長くて2週間程度を要することもあるでしょう。
傷口については、技術力の高い医師が執刀すれば、手術直後からほとんど目立ちません。多少の違和感がある場合でも、眉毛のメイクで十分に隠すことができます。

費用

眉下切開の相場は、両側で30~40万円ほどです。眼瞼下垂手術とは違って保険が効かないため、クリニックによって料金に幅があることを了承しておきましょう。相場よりも極端に安いクリニックや、極端に高いクリニックは避けたほうが良いでしょう。

ドクター境の結論!
技術力のあるクリニックで眉下切開を受けることが理想

これまでの経験から、私はまぶたのアンチエイジング治療として眉下切開が最良の方法であると自負しています。
しかしながら、経験や技術力に乏しい医師が執刀した場合、眉下切開は傷口が目立ってしまう手術であることも確かです。その意味においては、次善の策として、眉下切開ではなく眼瞼下垂手術や上眼瞼形成術の選択もあって良いでしょう。
もっとも理想的なまぶたのアンチエイジング法は、「技術力のあるクリニックで眉下切開を受けること」です。傷口の残らない眉下切開を受けられるならば、患者さんにとって、これほど理想的なことはないのではないでしょうか?執刀医の過去の経歴を十分に確認のうえ、信頼できる美容クリニックで眉下切開の相談をすることをおすすめします。