眉下切開と眼瞼下垂手術の違いは?同時にできる?

六本木境クリニック監修 まぶたのたるみ専門メディア » まぶたのたるみ美容施術一覧 » 眉下切開 » 眉下切開と眼瞼下垂手術の違いは?同時にできる?

たるみ治療ドクター
六本木境クリニック

境隆博

境先生がお答えします!

たるみ治療の専門の六本木境クリニック

美容外科「六本木境クリニック」院長。たるみ治療に真摯に取り組み、カウンセリングからアフターケアまで一貫して担当。また、美容医療業界の技術発展を目指し、学会やシンポジウムでの発表・講演でも活動中です。
【資格・所属学会】
日本形成外科学会専門医/日本アンチエイジング外科学会評議員/美容外科学会(JSAPS)正会員/美容外科学会(JSAS)正会員
【クリニックお問い合わせ電話番号】
03‐6441‐0691

「眼瞼下垂手術と眉下切開のどちらを受けたほうが良いか?」という悩みが多く寄せられます。実際にどちらが良いかは個々の症例を診察してみなければ分かりませんが、多くの場合、眉下切開でそのお悩みは解消されるでしょう。

ここでは、眉下切開と眼瞼下垂手術の違いについて詳しく解説しています。

眉下切開と眼瞼下垂手術の違い

上まぶたのたるみをとる施術として、よく間違えられたり比較されるのが「眼瞼下垂(がんけんかすい)」という施術。眼瞼下垂(切開)との違いについて解説します。

眉下切開 眼瞼下垂
特徴 特徴
眉毛のすぐ下を切開し、まぶたのたるみを引き上げます。 上まぶたのたるんだ皮膚を二重のあたりで切り取って縫います。
切開箇所 切開箇所
眉下切開画像 眼瞼下垂画像
メリット メリット
・自然な二重ラインを維持できる
・目元全体をすっきりできる
・眼瞼下垂適応の場合、目を開ける範囲の改善が可能
デメリット デメリット
・傷跡が気になる場合がある
・医師の技術差が出やすい
・不自然な引っ張り感が出る可能性
・二重の上側が分厚くなりやすい
・目尻のたるみは取り切れない
・びっくり目になりやすい

眉下切開
の詳細

眼瞼下垂
の詳細

眼瞼下垂の治療にも眉下切開は適応できる

六本木境クリニックでは、「まぶたのたるみ」という症状の大半において、まずは眉下切開を選択したほうが無難との立場です。その主な理由として、次の2つを挙げています。

大半のまぶたのたるみは「皮膚のたるみ」が原因

まぶたのたるみの原因が「皮膚のたるみ」である場合には、眉下切開の適応となります。一方で「腱膜(けんまく)のゆるみ」である場合には、眼瞼下垂手術の適応となります。腱膜(けんまく)とはまぶたを引き上げる筋力のこと。

そして、まぶたのたるみの原因は「腱膜(けんまく)のゆるみ」よりも「皮膚のたるみ」のほうがケタ違いに多いのが現実。つまり、まぶたのたるみのほとんどが、眉下切開の適応となります。

「腱膜のゆるみ」が軽度の場合は眉下切開で解消できる

仮に「腱膜のゆるみ」が原因であったとしても、ゆるみの程度が軽度であれば眉下切開でも十分に改善が可能です。眼瞼下垂はビックリ目になったり、切開ラインがまぶた側に目立つことがあるため、「不自然な整形顔」になるリスクもあります。一方、眉下切開では適切に手術できれば、不自然な整形顔になるリスクが少ないので軽度の眼瞼下垂には眉下切開が良いと六本木境クリニックでは考えています。

お問い合わせはこちらから
※ご予約やご予約についてのお問い合わせは「お電話」にて承っております。
再診、手術のご予約、その他お問い合わせ

03‐6441‐0691

カウンセリング予約専用ダイヤル

080-7734-3655

※パニック障害など精神疾患や膠原病・腎不全など重度内科疾患の手術はお断りすることがあります。

月・火・木・金 11:00~18:30
土・日・祝祭日 10:00~17:30
水曜日は休診日となります。